TOEFL®テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)は、新型コロナウイルス感染防止の対応策として2020年3月(日本では4月)から実施してきたTOEFL iBT®テスト自宅受験「TOEFL iBT® Special Home Edition」を2021年以降も継続して実施することを決定した。なお、名称は「TOEFL iBT® Special Home Edition」から「TOEFL iBT® Home Edition」に更新される。

 ETSおよびTOEFL®プログラムは、2020年3月(日本では4月)、新型コロナウイルス感染拡大によりテスト会場でのTOEFL iBTテスト受験が出来ない状況への対応策として、いち早く自宅受験「TOEFL iBT® Home Edition」を導入。本テストは、テスト会場で受験する通常のTOEFL iBTテストと同じ内容、フォーマット、画面のテストをProctorU®の試験監督者によるオンライン監視の下、受験者自身のパソコンを使用して自宅で受験する。またそのスコアは会場での受験と同じく、TOEFL iBTテストの公式スコアとして教育機関等で活用されている。

 導入後、ETSおよびTOEFLプログラムは、Mac®の使用を可能にしたり、配慮を必要とする受験者が利用しやすくなるよう努力したり、また受験機会を増やし、申込期限を短縮するなどの受験者の利便性を高める取組みを行ったりと改善に努めてきた。また本テストへの理解を深めてもらうためにビデオ作成、申込チェックリストの作成やライブイベントも開催した。その結果、3月の導入以降これまでに163か国・地域で40万人以上(GRE® General Testの受験者数含む)の受験者が自宅受験のテストを受験している。

 「TOEFL iBT® Home Edition」が2021年以降もTOEFLプロダクトの一環として継続的に実施されることが決定し、TOEFL iBTテストは、今後も受験者自身が「自宅受験」「テスト会場受験」を選択できる体制が継続される。

参考:【CIEE Japan】TOEFL iBT®テスト自宅受験「TOEFL iBT® Home Edition」、2021年以降の継続的な実施がついに決定!

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。