日本工業大学情報工学科、情報メディア工学科の学生が制作しているVRコンテンツ「甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔Ver3」が2020年11月21日~2021年1月24日の期間中、川崎市岡本太郎美術館とインターネット上で公開される。

 日本工業大学ではこれまで、川崎市岡本太郎美術館からの依頼で1970年大阪万博の「太陽の塔」をVRミュージアム「甦れ!VR太陽の塔」として再現してきた。2018年のVer1では塔の外観と内部を再現し、2019年のVer2では、解説ナレーションや大阪万博当時と同じBGMを流すなどバージョンアップを行った。

 今回のVer3では情報工学科大山研究室の4年生3名が卒業研究として取り組み、鮮やかなコンピュータグラフィックスを制作した。「太陽の塔の外観」に加え、「塔内部の生命の樹」「地下空間」が再現されたVR動画は、「いのち」「ひと」「いのり」の3つの部屋を持ち、岡本太郎の壮大なイマジネーションが具現化されている。
 
 この作品は、岡本太郎美術館内の大型ディスプレイで映像として公開され、インターネット上の「360度動画」としても一般公開される。
 
参考:【日本工業大学】本学学生による「VR太陽の塔」 今年は巨大地下空間も再現し11/21(土)〜1/24(日)に岡本太郎美術館とインターネットで公開

日本工業大学

「実工学新時代」□変わる教育、変わらない理念

1967年に開校した日本工業大学は、専門的な実験・実習・製図科目を初年次から履修させるなど、独自の「実工学」の学びを展開しています。2018年4月には、基幹工学部・先進工学部・建築学部の3学部5学科2コース編成へ改組し、伝統の実工学教育を継承・発展。実工学教育[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。