横浜市立大学付属病院では、日本で初めて承認されたロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」を導入。2020年10月より全国の公立大学病院で初めて、人工股関節全置換および人工膝関節全置換の手術を保険治療で開始した。

 ロボティックアームとは、一般に「人の手の代わりに作業を行う機械の腕(アーム)」のことで、今回導入されたロボティックアームは、人工関節に置き換える手術の際、術中に医師が操作をし、傷んだ骨を削るために使われる。また、CTなどによる3次元画像データを基に計画外の動きを制御することで、靭帯や血管などの関節周辺の組織を保護し、安全かつ正確な手術を可能にする。これにより、安全で術後の疼痛も少なく、治療期間が短縮するなどのメリットが期待される。

 横浜市立大学付属病院では今後、積極的にロボティックアームを用いた手術を行っていく。

参考:【横浜市立大学】全国の国公立大学病院初! ロボティックアーム手術による人工股関節/膝関節 全置換手術を保険適用で開始

横浜市立大学

横浜における知識基盤社会の都市社会インフラとして、教育研究と医療の拠点機能を担う。

横浜市立大学は1882(明治15)年に設立された横浜商法学校が前身となっています。横浜市立大学として教育、研究、医療の知的創造拠点としての役割において横浜の発展に寄与することを目指し、なおかつ優秀なグローバル人材や先端研究の成果と高度医療を横浜から世界へ発信す[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。