4月14日の熊本地震発生から1カ月近くが経ち、被災の傷跡が各地に残る中、地元の大学生らが避難所でボランティアとして奮闘している。食料や水、物資の確保など避難住民の世話に尽力し、避難所の大きな力となって喜ばれている。

 熊本県熊本市の井芹中学校では、地元の崇城大学から15人の学生がボランティアとして集まり、最大時で1,500人いた避難住民をサポートしてきた。県外から送られてきた物資の管理や支給を受け持ち、水が止まったときにはプールの水をバケツリレーで運ぶなど若い力をフルに発揮して避難住民を支えた。

 熊本市の文徳高校では崇城大学の学生2人が高校の教員や生徒と協力し、多いときで120人いた避難住民を支援した。下宿している学生は避難住民がいる体育館に泊まり込んで活動し、水や物資の配布に力を尽くした。
ゴールデンウィークの後半は各地でボランティアの不足が問題になっただけに、地元大学生の力が大きな助けとなった。

 熊本県内の大学は熊本大学、熊本学園大学、熊本県立大学、崇城大学が9日から授業を再開した。東海大学熊本キャンパスは16日から再開する予定。南阿蘇村にある阿蘇キャンパスの被害が大きかった農学部は、暫定的に熊本市の熊本キャンパスで授業を再開が検討されている。

崇城大学

積極的な人間力・グローバルに活躍する実践力を磨く総合大学

崇城大学は、薬学・生物生命学・工学・情報学・芸術学部の5学部9学科を展開する総合大学です。従来型の教育体制から一歩抜けだし、学生の好奇心を引き出す "仕掛け”により、多くの学生がアクティブに授業や研究に取り組み、「心にやる気の火がついた」積極的な人間力の高い人[…]

熊本学園大学

未来に向かって大きな夢を描きながら「生きる力」を学ぶ文系総合大学

熊本学園大学は、「師弟同行・自由闊達・全学一家」の建学の精神を礎に、商・経済・外国語・社会福祉学部の5学部11学科を擁する文系総合大学です。広く知識を授けるとともに、専門学術の理論を深く教授研究し、熊本県の海外発展国際的活動の伝統と私学特有の自由闊達の学風を堅[…]

熊本大学

真実や新しさを探求。熊本大学は「真のグローバル大学」をめざす

130年を超える長い歴史と伝統を持った熊本大学は、教育戦略に「旧制五高以来の剛毅木訥の気風を受け継ぎ、“Global Thinking and Local Action”できる人材育成」を掲げています。輝く未来のために新しい創造的な「知」が生まれ育ち、いかなる[…]

東海大学
熊本県立大学

人文科学系、自然科学系、社会科学系の3つが有機的に結合した先進的な集約型大学

熊本県立大学は、「地域に生き、世界に伸びる」をスローガンに、豊かな教養を備え、21世紀の地域社会ひいては国際社会の発展に貢献できる、有為で創造性豊かな人材を育成しています。文、環境共生、総合管理の3学部3研究科からなり、人文科学系、自然科学系、社会科学系の3つ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。