医学部の不正入試問題で、聖マリアンナ医科大学は2015~2018年度一般入試の合格者、入学辞退者を除く全受験生約1万2,000人に受験料相当額を返還することを決めた。文部科学省が10月、不適切な入試があったと見なさざるを得ないと判断したのを受け、決めたとしている。

 聖マリアンナ医科大学は医学部の不正入試問題が浮上して以来、監事の監査や第三者委員会の調査などを進め、性別など属性によって点差があったことを認めながら、大学の組織的な関与がなく、意図的ではないと主張してきた。

 それと並行して同期間の2次試験受験生約500人に受験料を返還したが、文科省から「女性や浪人生に不適切な入試があったと見なさざるを得ない」と通告され、長期にわたって受験生や関係者に混乱をもたらしたことを内省して返還の範囲を広げることにした。

 聖マリアンナ医科大学は出願書類を処分しているため、受験生から申請してもらい、名前と生年月日などを基に確認する。申請は大学ホームページからでき、受験生と確認でき次第、受験料に送金手数料、出願書類郵送料を上乗せして返還される。

 北川博昭学長はホームページで「受験生や関係者に長期にわたり、心配や迷惑をかけてきたことをおわびする」との謝罪コメントを発表した。

参考:【聖マリアンナ医科大学】平成27年度から平成30年度までの本学一般入学試験出願者への入学検定料等相当額の返還について(お知らせ)

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。