静岡大学は、情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキーと、小中学校の教員向け「情報モラル診断サービス」を共同で開発。全国の小・中学校を対象に、2016年5月19日から無償提供を開始した。

 「情報モラル診断サービス」は、小学校4年生から中学校3年生の児童・生徒を対象にインターネットの利用状況やモラル、セキュリティ、法などに関する質問を検定形式で実施。結果をわかりやすく可視化することで、実情に沿った効果的な指導に役立つ教員向けのWebサービスとなっている。全国対比や分布図などのデータ活用により、今、必要な指導を行うことを可能にした。

 近年、小・中学生のインターネット利用の日常化に伴い、ネット依存、ネットいじめ、犯罪被害などのトラブルが増加。そのため、児童、生徒のインターネット利用に関する状況の把握は、学級運営に不可欠となっている。しかし、情報収集には時間と労力がかかり教員の負担が大きいため、思うように進んでいない。

 そこで、小・中学校における情報モラル教育のさらなる充実を目的に、静岡大学 教育学部 塩田真吾准教授の情報モラル教育の専門性と、カスペルスキーのセキュリティ対策に関する専門性を基にしたサービスを開発した。

静岡大学

質の高い教育と創造的な世界をリードする研究に取り組み、世界的研究拠点の形成をめざす

静岡大学は、7学部(1学部は設置認可申請中)を擁する総合大学です。「自由啓発・未来創成」の理念のもと、多様な文化と価値観を尊重する豊かな人間性とチャレンジ精神を有し、高い専門性と国際感覚を備えた、人類の未来と地域社会の発展に貢献できる人材を育成。地域の知の拠点[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。