秋田大学、株式会社秋田ケーブルテレビ、株式会社ALL-A、株式会社サイバードの4社は、2020年12月1日、「高齢者を対象としたesports実施時の心理・体調変化推定法の開発と解析」の共同研究に関する提携を発表した。

 この共同研究は、少子高齢化先進県である秋田県において「e-sports」が高齢者の健康寿命にどのような効果があるのかを研究・解析するもの。得られた結果は少子高齢社会の課題解決、さらには高齢者を対象としたゲームコンテンツの開発につなげる。

 サイバードがゲームコンテンツに関する知見の提供し、秋田大学大学院理工学研究科 景山研究室が、画像データ処理、特徴解析、アルゴリズム検討、プログラミングを担当。CNA秋田ケーブルテレビはデータ撮影やシステム構築のための知識を提供し、ALL-Aは高齢者に関する知見を提供する。

 研究では、対戦ゲームをしている時の情動等の計測を実施するなど、高齢者を対象としたヒューマンセンシングを行い、「高齢者」×「esports」という観点から表情や目の動きなどの顔から得られる情報、並びに体動などに着目してデータ解析を実施。esportsが高齢者に対してどのような効果があるのかを科学的に明らかにする。

参考:【秋田大学大学院理工学研究科・理工学部】本研究科 景山 陽一教授と秋田ケーブルテレビ、ALL-A、サイバードのe-sportsにおける共同研究の提携について

秋田大学

「学生第一」をモットーに、「未来を見据える力」を学ぶ

秋田大学は、令和元年に創立70周年を迎えました。世界を視野に入れた国際資源学部、教育文化学部、医学部、理工学部の4学部体制を構え、最先端の教育研究を進めるとともに、各学部においてこの先10年の未来を見据えた学部改革を開始。「学生第一」をモットーに、学生一人ひと[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。