青山学院大学総合プロジェクト研究所「知財と社会問題研究所(SSP-IP)」と株式会社バンダイナムコエンターテインメントは共同で、「ゲームを活用した社会課題解決の可能性の研究」を2021年1月より開始した。また、2021年6月26日には本共同研究のスタートアップシンポジウムを実施する予定。

 青山学院大学総合プロジェクト研究所は企業の知的財産を活用した社会課題解決に向けた研究を行っており、eスポーツに関する研究や発表等を行った研究員が在籍している。今回の共同研究では、バンダイナムコエンターテインメントのゲームを中心としたエンターテインメントに関する知見と融合させて実践的な研究を行うことで、ゲームを通してすべての人が共に尊重し、成長し合う社会の実現を目指す。

 本研究では、主にゲームコンテンツにおけるアクセシビリティやポリティカルコレクトネス(社会的包摂を目指すための社会課題の探求)、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の尊重と包摂)などをテーマに、より多くの人が安心して遊べるゲームコンテンツを長期的に提供し続けることを目指す。

 6月26日にはスタートアップシンポジウムを実施する予定。研究所に在籍するメンバーに加え、共同研究メンバーでありバンダイナムコエンターテインメントで対戦格闘ゲーム『鉄拳』シリーズなどを手掛ける原田勝弘氏が登壇する。現在のゲーム業界の状況や課題を織り交ぜながら研究の展望についてディスカッションを行う。

 また、9月に青山学院大学公開講座「ゲームフル・ソサエティ:社会はゲームとどう向き合うのか」を開催。ゲスト講師として原田氏の登壇回も予定している。定期的な議論を中心とした研究活動を通じて、バンダイナムコエンターテインメントのコンテンツ提供における知見だけでなく、並行して業界全体に知見を共有しながら、ゲームが社会課題を解決する一助となるべく取り組んでいく。また、研究所では将来的に研究内容の論集執筆等も予定している。

参考:【青山学院大学】青山学院大学とバンダイナムコエンターテインメントが、ゲームをモデルケースとした共同研究を開始

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。