株式会社マイナビは、2020年3月に卒業した全国のマイナビ就職モニター会員(有効回答数:893名)を対象に「2020年卒入社半年後調査」を実施。就職活動時の調査データ(「マイナビ2020年卒学生就職モニター調査7月の活動状況」)と入社半年時点で比較を行い、入社前と入社後の満足度の変化やその要因について分析した。

 調査によると、2020年卒の学生に入社予定先の総合満足度について問うと、5段階で最も高い「満足度5」を選んだ人は53.7%。一方、入社半年経った現在、改めて勤務先の総合満足度を聞くと、「満足度5」を選んだのは26.6%で、入社前の約半分に減少した。項目別に見ると、「能力を活かせるか」「将来のキャリア展望」に関する満足度が特に減少しており、「自分の能力を活かすことができなさそう」「将来描いていたキャリア展望を実現できなさそう」ということが、満足度を下げる要因となっているようだ。

 就職活動時、勤務先のインターンシップに参加した人の「インターンシップ満足度」別に、入社前の「入社予定先の満足度」と入社後の「勤務先の満足度」の変化を比較すると、「インターンシップの満足度5」を選択していた人は、入社半年後の「勤務先の満足度」は大きく下がらなかった(入社前の満足度4と5の合計=98.1%、入社後の満足度の4と5の合計=92.2%、5.9ptの差)。

 一方で、インターンシップの満足度が「3以下」の場合、「入社予定先の満足度」と「勤務先の満足度」を比較すると、満足度が大きく下がった(入社前の満足度4と5の合計=82.3%、入社後の満足度の4と5の合計=51.0%、31.3ptの差)。これらのことから、インターンシップの満足度が約2年の時を経て入社半年後の満足度に影響していることになる。

 入社してからの半年間で、テレワークやオンライン研修など在宅勤務の日があったか聞いたところ、「あった」と回答したのは71.0%で、そのうち44.3%が入社初日から在宅勤務だった。新型コロナウイルスの影響下において、在宅勤務の有無が「現在の勤務先総合満足度」に影響するか調べると、「在宅勤務あり」の方が満足度が高い結果となった(在宅勤務ありの満足度4と5の合計=74.3%、在宅勤務なしの満足度4と5の合計=62.8%、11.5ptの差)。

 また、入社前に内定者研修を受けた割合は56.5%で、うち24.8%はオンライン研修。一方、入社後、新入社員研修を受けた割合は93.0%で、うち60.3%がオンライン研修だった。新入社員研修の研修期間(2020年4月~)は、緊急事態宣言が出ていた時期と重なっており、新入社員研修のオンライン化に影響したことがうかがえる結果となった。

参考:【株式会社マイナビ】「マイナビ 2020年卒入社半年後調査 ~ 就活生の「その後」を知る /withコロナの新入社員の実態 ~」を発表

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。