公益財団法人「孫正義育英財団」は、25歳以下を対象として、支援金等を給付する第5期支援人材を2021年1月18日から2月28日まで募集することを発表。また、志望者向けオンライン説明会を2021年2月7日に開催する。

 孫正義育英財団は、高い志と異能を持つ若手人材に自らの才能を開花できる環境を提供し、人類の未来に貢献することを目的として2016年に設立。現在9歳~29歳(2021年1月時点)の合計219人を支援人材として認定している。

 支援人材に対し、研究・開発などの活動や支援人材同士の交流の場として、渋谷キャスト(東京都渋谷区)、ボストン(米国マサチューセッツ州)、パロアルト(米国カリフォルニア州)、ロンドン(英国)に開設した施設を提供するとともに、当財団理事など各分野の専門家や有識者による講演会やネットワーキングイベントなどを開催。さらに、希望者に対しては支援金を給付。支援金給付の内容および金額は、留学や研究など対象者が将来経験したいことや、成し遂げたいことを確認しながら個別に検討する。原則として、返済の義務はない。

 支援を受けられる期間は、準財団生認定期間を含む最大5年間。ただし、満29歳に達したときは、それ以降で最初の事業年度末日をもって正財団生資格の有効期間を満了したこととなる。また、正財団生が資格有効期間満了時に23歳以下で、期間延長を希望する場合は、改めて選考のうえ、有効期間を5年間延長することがある。

 第5期支援人材の募集人数は45人程度。対象となるのは、応募時点で25歳以下で、かつ、分野は問わず、国際大会または全国大会規模のコンテストで優秀な成績を収めた者、起業準備中または既に自身の経営する事業で業績を上げている者など、財団が示す5つの応募資格のいずれかに該当する者としている。

 また、志望者を対象に、財団のオンライン説明会を2021年2月7日に実施予定。説明会の参加には事前登録が必要で、2021年1月31日までに申し込む。

参考:【孫正義育英財団】孫正義育英財団、第5期支援人材を募集

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。