麗澤大学は、国際学部と外国語学部を対象とする2021年度入学者選抜「一般3月面接型」において、オンラインでの実施を追加することを決定した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、受験を間近に控えた2021年1月、緊急事態宣言が再発令されたが、このような事態の中、受験生が受験の機会を失うことのないよう、麗澤大学では2021年度入学者選抜において特別措置を実施している。その一環として「一般3月面接型」において、Zoomを用いたオンライン受験を追加することを決定した。

 「一般3月面接型」の試験日は、2021年3月2日。出願期間は2021年2月15~22日で、WEB出願時に受験生が大学での対面による面接かオンラインでの面接の選択をすることができる。オンラインでの受験に必要な環境が確保できない受験生にはWi-Fiルーターやノートパソコンの貸出も行う(台数に制限があるため、要審査)。また、試験日までにZoomテスト接続の実施案内等をすることで受験生が安心して当日を迎えられるようにサポートする。

 徳永澄憲学長は、「新型コロナウイルス感染拡大により受験生の皆様はご不安な日々を過ごされていると思います。面接型の入試においては、このオンライン面接の実施により少しでも安心して受験に臨んでいただける環境を整えたいと思い、判断いたしました。」とオンライン面接を追加した理由を説明している。

参考:【麗澤大学】一般3月面接型 オンライン受験の追加について

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。