阪南大学は、Nintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』において「はんなんだいがく島」を2021年2月26日より公開している。卒業生に対して、卒業の思い出作りや卒業生同士の交流の場を提供する。

 新型コロナウイルスの影響により、3月19日に開催される大学の卒業式も卒業生のみで実施し、懇親会なども禁止となる。そこで、コロナ禍においても感染拡大リスクがなく、温かく明るい世界観を持つ「あつまれどうぶつの森」を活用し、校舎等を再現した島の公開や、学校に関わる服のデザインの配布、卒業生同士が交流できるイベントを行うこととなった。

 「はんなんだいがく島」は大学エリア、高校エリア、式典会場エリアの3つのエリアを用意し、ゲーム内「夢番地」機能を活用することで、「はんなんだいがく島」をいつでも探索が可能。また、ロゴマーク入りTシャツや高校の制服等、大学・高校に関係するマイデザインを11種類配布する。卒業式の前後に島のゲートを開放。島を探索、交流が可能となるほか、式典会場エリアで友達同士で架空の卒業式を行うこともできる。

 今後も「はんなんだいがく島」を継続的に活用し、コロナ禍においての新入生の友達づくりの場等を提供していく予定。

参考:【阪南大学】Nintendo Switch用ソフト「あつまれどうぶつの森」で「はんなんだいがく島」を公開しました!

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。