日本工業大学は、2021年3月17日・18日、宮代キャンパスにおいて2021年度入試合格者対象の「大学見学会」を実施した。

 コロナ禍でオープンキャンパスがWeb型に変更になるなど、生徒たちがキャンパスを訪れる機会は激減した。そのため大学のことを十分に理解できないまま入学する生徒が例年以上に多くなると懸念されている。そこで日本工業大学では、高等学校からの要望もあり、生徒たちの入学後のミスマッチを防ぐことを目的に見学会を実施した。

 見学会は10時、13時、15時開始の3部制で、各部とも学科・コースの参加上限人数をそれぞれ20名までに制限。実施にあたってはマスク着用の徹底、こまめな手指消毒、使用したイスの消毒、抗菌・抗ウイルス加工された机の使用、3密の回避など、感染防止対策に十分配慮した。

 参加生徒たちは学生スタッフの引率に従って合格した学科・コースへ移動し、施設やセンター、工房などを巡りながら、担当者から説明を受け、見学終了後は、希望者する生徒に対して、学科教員や学生との個別相談の時間も設けた。保護者に対しても同様に主要施設の案内、個別相談が実施された。

 こうした見学会は、日本工業大学初の試みだったが、参加生徒、保護者にオンラインやバーチャルではないリアルな体験を通して大学の魅力を伝え、入学後のイメージに繋げてもらうことができた。見学会は3月23日、24日にも実施し、今年度は4日間で計12回となる予定。

参考:【日本工業大学】日本工業大学が入試合格者限定の大学見学会を実施~入学後のミスマッチを事前に解消

日本工業大学

「実工学新時代」□変わる教育、変わらない理念

1967年に開校した日本工業大学は、専門的な実験・実習・製図科目を初年次から履修させるなど、独自の「実工学」の学びを展開しています。2018年4月には、基幹工学部・先進工学部・建築学部の3学部5学科2コース編成へ改組し、伝統の実工学教育を継承・発展。実工学教育[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。