加齢による睡眠の質低下が男性より女性で顕著なことが、大阪大学大学院基礎工学研究科の李俐特任研究員、中村亨特任教授、東京大学大学院教育学研究科の山本義春教授、名古屋市立大学大学院医学研究科の早野順一郎教授らの研究で分かった。

 大阪大学によると、研究グループは全国から集められた約7万人分の24時間心電図記録に付随する生体信号ビッグデータから、総睡眠時間、睡眠効率、睡眠潜時、中途覚醒時間など睡眠に関する指標を抽出し、分析した。
その結果、睡眠時間は中高年で最も短く、年齢に対してU字型の変化を示すことや、加齢に伴って早寝早起きになることが客観的に示された。

 男女別で比較すると、女性は睡眠時間が男性より約30分短く、この傾向が30歳以上で目立った。その理由として起床時間は男性とほぼ同じなのに、就床時間が遅いことと、加齢による睡眠の質低下が男性より顕著なことが明らかになった。

 研究グループは生物学的な加齢の影響に加え、日本特有の社会的・文化的・家族的な要因が複合的に関与しているのではないかとみている。

 これまで大規模な睡眠研究はインタビューや質問用紙の配布といった主観的な手法で進められることが大半で、得られた知見の客観性に乏しいという欠点を抱えてきた。そこで、研究グループは主観的な評価が難しい睡眠指標を分析材料とした。

論文情報:【Scientific Reports】Age and gender differences in objective sleep properties using large-scale body acceleration data in a Japanese population

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

大阪大学

物事の本質を見極め、世界に羽ばたく。 「地域に生き世界に伸びる」ことをモットーに社会の課題に応える。

多様性を受け入れ、変化への柔軟性を発揮し、個性を貴ぶ気風。個々の優れた潜在力を活かし、「一人ひとりの真価」を「阪大の進化」に繋げていくことで大学の基盤を築いていきます。 「対話の促進」「自律性の堅持」の基本理念を特に重視し、キャンパス内で広く実行されていくこ[…]

名古屋市立大学

世界をリードする大学を目指す。 誇りを持ち、愛される名市大。

あらゆる機会を通じて幅広い視野と教養、「共生」の精神、豊かな創造性を身につけ、目的意識と主体性を持って、地域社会及び国際社会に貢献することができる人材を育成します。 知性と教養に溢れ、創造力に富んだ次世代を担う有為な人材を輩出します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。