研究成果の記事一覧

サリドマイドが奇形を引き起こすメカニズムを解明 安全な新薬開発に期待

 東京医科大学、東京工業大学、イタリア・ミラノ大学の国際共同研究グループは、サリドマイドが奇形を引き […]

マイクロプラスチックの大小で、貝からの排出時間経過は異なる 東京大学と東京農工大学

 東京大学と東京農工大学の研究グループは、海洋汚染で問題となっているマイクロプラスチック粒子がムール […]

磁場による固体電子の量子化エネルギーを導く理論手法 電気通信大学が開発

 電気通信大学の研究グループは、磁場によって量子化される固体電子のエネルギーを初めて厳密に求めること […]

運動と食事の組み合わせで、高齢者の筋力と神経を鍛え分ける 中京大学など

 中京大学国際教養学部の渡邊航平准教授を中心とする研究グループは、高齢者における筋力トレーニングの効 […]

古代アッシリアの占星術レポートから、世界最古のオーロラ記録を発見

 筑波大学、大阪大学、京都大学、名古屋大学の研究グループが古代アッシリアの占星術レポートを解析し、紀 […]

超対称粒子の質量が持つ新しい性質、九州大学が発見

 九州大学の奥村健一特任助教(先端素粒子物理研究センター)は欧州原子核研究機構のLHC実験で探索中の […]

上に立つ人は偉いと赤ちゃんも認識、京都大学など解明

 1歳の赤ちゃんが空間的に上に立つ人を目上の存在と感じていることを、京都大学大学院教育学研究科の森口 […]

唾液腺は脳に影響する臓器、唾液中物質の抗不安作用を神奈川歯科大学などが発見

 神奈川歯科大学の槻木恵一教授らの研究グループは、鶴見大学、東京医科大学との共同研究により、唾液腺で […]

大腸菌「呼吸酵素」の構造解明、多様性も明らかに 九州工業大学

 九州工業大学の坂本順司教授らは、大腸菌で働く「シトクロムbd型呼吸酵素」の精密立体構造を解明した。

協力行動は“寛容性”から生まれる 協力的社会を築く淡路島のニホンザル

 大阪大学の研究グループは、ニホンザルが仲間と協力できることの実証に初めて成功した。
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 189