研究成果の記事一覧

世界で初めてミトコンドリアとペルオキシソームの分裂増殖に関連する新規タンパク質の同定に成功 九州大学

 九州大学生体防御医学研究所の藤木幸夫特任教授らのグループは、ミトコンドリアとペルオキシソームの増殖 […]

高感度MRIへの新たな道を開拓 九州大学、理化学研究所

 九州大学大学院工学研究院と理化学研究所との共同研究グループは、多孔性金属錯体(MOF)を用い、MO […]

青山学院大学と東京大学、炭素の単原子シート「グラフェン」のトポロジカル絶縁体を実現

 青山学院大学の春山純志准教授(研究当時:東京大学物性研究所)と勝本信吾教授、カリフォルニア大学のR […]

タンパク質分解系の破綻が筋肉の再生不全を引き起こす 東北大学

 筋肉では、健康な状態を保つために日々損傷と再生が繰り返されている。この筋肉の再生に欠かせないのが、 […]

物の存在領域を小分けにすると、全体の数量把握が劇的に改善 東京大学

 画面を複数の領域に小分けにするだけで数量判断が効率的になることを、東京大学のグループが発見した。

介護空間の臭いに湿布臭を発見、大妻女子大学とエステー

 大妻女子大学家政学部の水谷千代美教授はエステーとの共同研究で、これまで尿や便が主な臭いの原因と考え […]

「ものを見て、ものを思い出す」記憶メカニズムを発見 高知工科大学など

 高知工科大学の竹田真己特任教授らの共同研究グループ(他に順天堂大学、東京大学)は、記憶課題実施中の […]

がん細胞死のスイッチを光でON、光免疫療法の仕組みを北海道大学などが解明

 北海道大学の小川美香子教授、米国国立がん研究所の小林久隆主任研究員らの研究グループは、株式会社島津 […]

ゲノム編集による動物受精卵の遺伝子組み換え・遺伝子治療の簡便化に成功 東京大学

 東京大学の中内啓光特任教授らの研究グループは、哺乳類受精卵へのウイルス感染を利用して、ゲノム編集に […]

妊娠時低栄養による子の成長後の高血圧発症機序を解明 東京大学

 東京大学先端科学技術研究センターの藤田敏郎フェローらは、妊娠時のストレスが、子の成長後に高血圧発症 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 151