研究成果の記事一覧

花粉症・アレルギーの発症機構解明へのカギとなる呼吸器M細胞を発見

 慶應義塾大学薬学部の木村俊介准教授と長谷耕二教授らをはじめとする共同研究グループは、呼吸によって吸 […]

質の高い論文、一部小規模研究機関が高い割合で発表

 質の高い論文数の世界ランキングで米国、中国の主要研究機関が上位を占めている中、一部の小規模研究機関 […]

日本人の定型網膜色素変性の遺伝的特徴、九州大学などが解明

 九州大学の秋山雅人講師、理化学研究所の鎌谷洋一郎チームリーダーらの共同研究グループは、1,204名 […]

「クモの糸」の強さの秘密、慶應義塾大学などが解明

 慶應義塾大学の河野暢明特任講師らの研究グループは、Spiber株式会社のチームと共同で、オニグモの […]

手足を形作るメカニズム 「指間細胞死」は酸素に曝されて誕生した

 東京工業大学、山形大学、ハーバード大学の共同研究グループは、手足を形作るメカニズム「指間細胞死」に […]

体が震える原因、群馬大学が解明

 群馬大学の定方哲史准教授らの研究グループは、身体が震えるメカニズムを解明。小脳にある神経細胞の軸索 […]

中京大学の橋本教授、次世代ロボット研究で優秀講演賞

 中京大学工学部の橋本学教授が計測自動制御学会第19回システムインテグレーション部門講演会の優秀講演 […]

「壊し屋」が脳を守る、血液脳関門の仕組みに慶應義塾大学が新発見

 慶應義塾大学の菅田浩司専任講師らの研究グループは、脳が異物侵入を防ぐためのバリア機能の形成に必要な […]

部屋中どこでもワイヤレス充電、東京大学が実現

 東京大学の川原圭博教授らの研究グループは、新たな送電器構造を考案・実装し、部屋内のあらゆる位置にあ […]

分裂酵母が持つ、定説と全く異なる核膜孔複合体アウターリング構造 大阪大学

 真核生物の細胞には、核と細胞質との間で分子を輸送するための「核膜孔複合体」と呼ばれる通過孔が存在す […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 176