研究成果の記事一覧

蕁麻疹でみられる多様な形の膨疹を数理モデルで再現 広島大学

 蕁麻疹では、その病型や個々の患者さんによって、様々な形や大きさの発疹(膨疹)が現れる。皮膚の発赤を […]

中部大学キャンパスで新種の線虫発見、「チュウブダイガク」と命名

 中部大学 応用生物学部 環境生物科学科の長谷川浩一准教授らは、日本学術振興会 ヤンス・モルフェ外国 […]

廃棄するグリセロールからDHAと水素を産生 東京工業大学と台湾国立科学技術大学が成功

 東京工業大学の林智広准教授らは台湾国立科学技術大学のジア-イン チャン准教授のグループとの国際共同 […]

チェルノブイリ原発周辺、地表流で放射性物質が再拡散

 1986年に大規模な事故を起こしたウクライナ(当時ソ連)のチェルノブイリ原子力発電所周辺の森林火災 […]

燃料電池の劣化を大幅に抑制、新触媒の開発に世界で初めて成功 山梨大学など

 新エネルギー・産業技術総合開発機構と山梨大学、田中貴金属工業株式会社は、燃料電池の劣化の原因となる […]

衛星フォボスに見積もり以上の「火星の土」 サンプルリターンで火星全史解明か

 東京工業大学と千葉工業大学は共同で、火星衛星の表土には従来見積もりの10倍以上の火星本体の表層物質 […]

肌本来のセラミド産生機能を向上、富山大学など新たな化粧品素材を開発

 肌セラミド量を増加させる化粧品素材を、富山大学、株式会社伏見製薬所、公益財団法人かがわ産業支援財団 […]

生物の時間スケールはガラスに似た仕組みで決まっている 東京大学

 一般に生体内の化学反応は1秒以下の時間スケールで進む。一方、我々生物が生きて行動する時間スケールは […]

普通の超伝導体を「トポロジカル超伝導体」に 新規手法を発見

 東北大学、大阪大学、京都産業大学、ドイツケルン大学などの研究チームが、普通の超伝導体をトポロジカル […]

クモヒトデは前後左右をどう決めるか、北海道大学が解明 ロボット設計に応用期待

 北海道大学の脇田大輝氏(博士課程)らの研究グループ(他に京都大学)は、クモヒトデの逃避行動に着目し […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 201