研究成果の記事一覧

画像認識で害虫特定、北大がシステム開発

北海道大情報科学研究科メディアダイナミクス研究室(長谷山美紀教授)と情報システム開発のNECソリュー […]

京大 iPS細胞で人の生殖細胞を効率的に作ることに成功

 京都大学の斎藤通紀教授らは人のiPS細胞から精子や卵子のもととなる生殖細胞を効率よく誘導する方法を […]

大阪府大 ユーグレナの継続摂取により胃潰瘍症状の緩和

 大阪府立大学生命環境科学研究科の中野長久客員教授と株式会社ユーグレナは、ユーグレナ(和名:ミドリム […]

大阪市大 人工光合成の光触媒反応を促進する銀ナノ粒子の機能を解明

 大阪市立大学の吉田朋子教授らのグループは光エネルギーを利用して二酸化炭素から一酸化炭素を作り出す光 […]

東大 数分で乳腺腫瘍を選択的に光らせる技術を確立

 東京大学の浦野泰照教授、九州大学三森功士教授らのグループによる共同研究で、簡便かつ迅速に手術により […]

環境研究総合推進費の新規採択課題を発表、環境省

 環境省は、環境政策を支援するための競争的研究資金「環境研究総合推進費」により、2015年度から新た […]

自治医科大 ADHDの客観的診断法の基礎を確立

 自治医科大学小児科の山形崇倫教授、中央大学人間総合理工学科の檀一平太教授らの共同研究グループは、光 […]

南極海でプラスチック汚染調査へ、九大ら

 海洋の漂着ゴミの大多数を占めるプラスチックゴミ。なかでも、自然の中で数mm以下にまで微細化した「マ […]

東大 食物アレルギーの症状抑える分子を発見

 東京大学の村田幸久准教授らのグループはマウスを用いた実験で、食物アレルギーを抑える物質を発見しまし […]

東大と東工大、大腸菌に潜む「マクスウェルのデーモン」の働きを解明

 東京工業大学の伊藤創祐研究員は東京大学の沙川貴大准教授と共同で、大腸菌がエサを探す際の情報処理の仕 […]
  1. 1
  2. 184
  3. 185
  4. 186
  5. 187
  6. 188
  7. 189