大学入試センターは高校の次期学習指導要領に対応した大学入学共通テスト(以下、共通テスト)の出題教科・科目に加え、新設される科目のサンプル問題を公表しました。各メディアは「情報」と「公共」「歴史総合」「地理総合」について大きく取り上げましたが、これ以外にも注目したいポイントがあります。それは国公私立の各大学が行う個別入試における出題教科・科目です。中でも「情報」科目の出題と文系数学で「数学C」を出題範囲に含めるかどうかは新課程入試における当面の課題です。

 

公表された教科・科目の枠組みは昨年の報道内容と同じ構成

 大学入試センターは3月24日に次期学習指導要領に対応した共通テストの出題教科・科目<表>と新設される科目のサンプル問題を公表しました。公表された教科・科目は、すでに昨年、一部のメディアで報道された内容とほぼ同じ構成です。「歴史総合+日本史探求」、「歴史総合+世界史探求」や「数学Ⅱ、数学B」に加えて「数学C」が出題範囲に含められているなど、当然あって然るべきです科目構成なのですが、現実的には少し難しいのではないかと思われていた内容もそのままでした。

 入試に必要な科目を必要に応じて課すという構成になっています。公表された文書は、関係団体の意見を踏まえた「大学入試センターとしての結論」であるとされており、今後、高校および大学関係者等の協議を経て決定されるともしており、今後の変更可能性についての含みを持たせています。

 ただし、「地理総合・歴史総合・公共」は全科目が課されるのではなく、このうち2科目の内容の問題を選択解答することになっていたり、「物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎」もこの中から2科目の内容の問題を選択解答することになっていたり、高校現場が受け入れ可能な内容となっていることから、公表内容から変更されることはないと思われます。

※クリックすると大きい画像が開きます。

大学入試センター「平成30年告示高等学校学習指導要領に対応した令和7年度大学入学共通テストからの出題教科・科目について」
https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/shiken_jouhou/r7ikou.html

 

次ページ一部の大学ではすでに出題教科・科目の検討が進んでいる

  1. 1
  2. 2
  3. 3

神戸 悟(教育ジャーナリスト)

神戸 悟(教育ジャーナリスト)

教育ジャーナリスト/株式会社KEIアドバンス コンサルティング部 部員
/大学入試ライター・リサーチャー
1985年、河合塾入職後、20年以上にわたり、大学入試情報の収集・発信業務に従事、月刊誌「Guideline」の編集も担当。
2007年に河合塾を退職後、都内大学で合否判定や入試制度設計などの入試業務に従事し、学生募集広報業務も担当。
2015年に大学を退職後、朝日新聞出版「大学ランキング」、河合塾「Guideline」などでライター、エディターを務め、日本経済新聞、毎日新聞系の媒体などにも寄稿。その後、国立研究開発法人を経て、2016年より大学の様々な課題を支援するコンサルティングを行っている。KEIアドバンスは河合塾グループのため、膨大な入試データを活用したシミュレーションや市場動向調査が可能なこともあり、将来構想・中期計画策定、新学部設置、入試制度設計の支援など設置者を問わず多様な依頼が日々多く寄せられる。
詳細プロフィールはこちら