たんぱく質の記事一覧

高い効率性や省エネルギー性を持つ人工たんぱく質の創出に期待

 お茶の水女子大学の三宅亮介講師と東京農工大学の村岡貴博准教授らの研究グループは、人工的にデザインし […]

筑波大学など、植物の共生微生物受け入れを制御する新しい因子を発見

 植物は土壌中のさまざまな微生物と共生関係を築きながら生活している。例えばマメ科の植物は、根粒菌と「 […]

細菌の前進・後退を制御する分子機構を解明 名古屋大学など

 名古屋大学と大阪大学、長浜バイオ大学の研究グループは、細菌が持つ運動器官“べん毛モーター”において […]

世界で初めてミトコンドリアとペルオキシソームの分裂増殖に関連する新規タンパク質の同定に成功 九州大学

 九州大学生体防御医学研究所の藤木幸夫特任教授らのグループは、ミトコンドリアとペルオキシソームの増殖 […]

「眠気」の正体の大きな手がかりとなるリン酸化蛋白質を筑波大学が同定

 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の研究グループは、2つの「眠気モデル」マウスの脳内のリン酸化蛋白 […]

卵白から高強度ゲル材料を開発、ゆで卵の150倍の強度 東京工業大学

東京工業大学の野島達也特任助教らの研究グループは、鶏卵の卵白たんぱく質から高強度ゲル材料「卵白たんぱ […]

細菌べん毛モーターの制御機構を名古屋大学らが解明

 名古屋大学と長岡バイオ大学、横浜国立大学の共同研究グループは、細菌が持つ運動器官べん毛モーターを構 […]

京都産業大学、永田和宏タンパク質動態研究所長がハンス・ノイラート科学賞を受賞

 京都産業大学タンパク質動態研究所 永田和宏所長(総合生命科学部教授)が、国際組織「The Prot […]

体が24時間を正確に刻む仕組みを発見 東京大学ほか

 理化学研究所と東京大学は12月23日、さまざまな遺伝子改変マウスを並列的に作製する手法を確立し、「 […]

糖輸送タンパク質が植物ホルモン「ジベレリン」を輸送

 理化学研究所、東北大学、首都大学東京の共同研究グループは、植物体内で糖の輸送体として考えられてきた […]
  1. 1
  2. 2