放射性物質の記事一覧

チェルノブイリ原発周辺、地表流で放射性物質が再拡散

 1986年に大規模な事故を起こしたウクライナ(当時ソ連)のチェルノブイリ原子力発電所周辺の森林火災 […]

人間活動が放射性物質の流出促進、福島原発事故の追跡調査

 筑波大学生命環境系の恩田裕一教授、京都大学大学院総合生存学館の館山敷亮教授、福島県の研究グループが […]

放射能汚染土の新処理技術を早稲田大学が開発、高圧洗浄技術でコスト3分の1に

 早稲田大学の松方正彦教授らの研究グループは、高圧洗浄技術を応用した新しい放射能汚染土の処理(減容化 […]

福島原発事故で飛散した放射性微粒子の溶解挙動を、東京大学などが解明

 東京大学、農業・食品産業技術総合研究機構、日本原子力研究開発機構の研究グループは、福島原発事故で原 […]

被ばく線量率が高いと血球・骨髄細胞が減少、福島原発周辺のサルを東北大学などが解析

 東北大学の福本学名誉教授、同災害復興新生研究機構の鈴木正敏助教らの共同研究グループは、東京電力福島 […]

重陽子を用いた核変換処理システム、生成物が予測可能に 九州大学など

 九州大学と日本原子力研究開発機構の研究グループは、重陽子による核破砕反応から生成される原子核の種類 […]

放射性廃棄物由来のパラジウムを再利用できる残留放射性濃度を、京都大学が試算

 京都大学の高橋千太郎特任教授らのグループは、高レベル放射性廃棄物から取り出した貴金属のパラジウムに […]

天気パターンから放射性物質の拡散方向を予測する手法を東京大学が開発

 東京大学の芳村圭准教授と吉兼隆生特任講師は、放射性物質の拡散方向を予測する新たな手法を開発した。低 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3