考古学の記事一覧

旧石器時代以降の日本人の遺伝的関係性を解明、東邦大学などが港川人骨を解析

 東邦大学、総合研究大学院大学らの研究グループは、旧石器時代、縄文時代、弥生時代の遺跡から出土した古人骨と日本列島人集団 […]

淡路島の恐竜化石「ヤマトサウルス・イザナギイ」と命名、北海道大学などが新種と確認

 北海道大学総合博物館の小林快次教授らの研究グループは、2004年に兵庫県淡路島南部の洲本市の白亜紀最末期(約7,200 […]

小型石器という技術革新の真相―道具の有用性を引き出し生活領域を拡大した現生人類

 ネアンデルタール人などの旧人が絶滅した一方で現生人類のみが存続した5万~4万年前頃には、各地で小型石器が増加したことが […]

国立科学博物館など、旧石器人の沖縄移住漂流説を否定

 国立科学博物館と東京大学、国立台湾大学海洋研究所は台湾やフィリピンから琉球列島へ黒潮に流されて移住するのが困難とする調 […]

奈良・明日香村の中尾山古墳、石槨内部に精巧な加工

 関西大学文学部考古学研究室と奈良県明日香村教育委員会は明日香村平田の中尾山古墳で発掘調査を行い、古墳の大きさを正確に把 […]

縄文土器にコクゾウムシ多量に混入、熊本大学が九州初発見

 熊本大学国際人文社会科学研究センターの小畑弘己教授は、宮崎県えびの市の役所田遺跡から出土した縄文時代後期の深鉢型土器の […]

技能の伝承は模倣だけにあらず 伝統的陶器を作る無名の職人たちに個性を発見

 神戸大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、ディーキン大学などの研究者チームは、定型の伝統的陶器であっても、制作した […]

茨城大学の青山教授ら、マヤ文明で最古最大の大公共建築を発見

 米アリゾナ大学の猪俣健教授、茨城大学の青山和夫教授らの国際調査団が、メキシコのタバスコ州にあるアグアダ・フェニックス遺 […]

世界初、ツタンカーメンの鉄剣の化学分析を千葉工業大学が実施

 千葉工業大学地球学研究センターの松井孝典所長らの研究チームがエジプト考古学博物館を訪れ、ツタンカーメンの棺から発見され […]

国際教養大学のオンライン講座3/2開講 国内初の電子資格・修了証明書発行も

 教育研修サービスのネットラーニングは2020年3月2日、JMOOC(日本オープンオンライン推進協議会)の講座として、国 […]