明星大学(東京都日野市)経営学部 伊藤智久ゼミは、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップ株式会社(東京都港区)と産学連携し、新規事業開発の体験授業を実施。学生チーム対抗コンテストで最優秀賞に選ばれた企画、マッチョ好きの男女をマッチングするサイト「マッチョる」のデモサイト立ち上げをディップ株式会社が支援する。

 伊藤ゼミは「未来を描き、未来をつくる」をモットーに、事業創造力を身につけることを目的に活動。具体的には、企業と連携した「製品・サービス企画」、イベントを企画・運営する「模擬株式会社の経営体験」、市場・企業分析を通した「株式投資レポート作成」といった経験学習を行っている。

 一方、ディップ株式会社は2016年11月より、事業化・資金調達を積極支援する起業家相談窓口として「スタートアップカフェ」を、2017年4月よりAI・人工知能ベンチャー企業を対象とした新規事業創出を目指す日本初のアクセラレータープログラム「AI.Accelerator」を開始するなど、起業家支援を積極的に実施してきた。

 さらに、2012年政府統計では在学中の学生起業者は約4,000人、2007年の約9,000人弱に比べると学生起業家は減少傾向であることから、同社は学生起業家の育成・支援に着目。

 より多くの大学生が事業創造の工程を学び、その楽しさを実感してもらうため、伊藤ゼミと産学連携し、新規事業開発の体験授業「UNIV.Accelerator(ユニヴァ・アクセラレーター)」を2017年4月より開始した。このプログラムでは、学生チーム対抗で企画をプレゼンテーション。最優秀賞企画のサービス立ち上げを同社が支援し、学生たちに新規事業の企画工程を体験してもらう。

 なお、今回の新規事業「マッチョる」は、デモサイトが開設され、2017年12月28日から事前登録がスタートしている。

参考:【ディップ株式会社】『マッチョる』デモサイト

明星大学
明星大学

「体験教育」を柱に、多様な学びを通して未来を切り拓く力を身につける

将来、どんな分野で自分を活かしたいですか?大学は、学びを通してその答えを明らかにしていく場所です。明星大学では「体験」を通して、知識を実践で活かす力を身につけていきます。「手塩にかける教育」で4年間を支え続けます。 […]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。