金沢星稜大学(石川県金沢市)は、2019年度から、新たな特待生制度を設けることを発表した。

 センター利用成績優秀特待生入試で合格し入学した場合、成績優秀特待生制度を適用し年間授業料を48万円免除する。

 また、石川県外からの入学者にはCLS(くらす/Campus Life Support)制度で学生生活を支援する。石川県外の居住者で、一般入試(A日程)に合格し、選考された学生に年間を通じて通学費用(実費)またはアパート等の住居費を補助する(月額上限20,000円×12か月)。ただし、自動車通学となった際は制度対象外。また、同大学の学生食堂にて使用できるパスポート(月額上限10,000円×12か月)を発行する。

 さらに、入学後、CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)を受講する学生には、受講料を免除するCDP特待生制度もある。対象者はCDP受講者全員で、CDP特待生選考基準に準じて選考される。

 なお、上記3つの特待生制度は併用が可能。石川県外からセンター利用成績優秀特待生入試と一般入試(A日程)を併願し、制度適用条件を満たして合格・入学した場合、1年次の段階で年間授業料48万円免除+通学費用または住居費用補助+学生食堂パスポートの権利を得ることができる。さらに1年次からCDPを受講し2年次から特待生となれば、上記にCDP受講料免除の特典が付加されるという。

参考:【金沢星稜大学】変わる!金沢星稜大学の特待生制度 大学生活をバックアップ!

金沢星稜大学
金沢星稜大学

世界基準の輝き人へ - 世界を見すえ 地域に活かす “ 星稜力 ”をこの手に-

今年開学50周年を迎えた金沢星稜大学は、グローバル化の促進、学士課程教育の質保証、地域社会への貢献の3つの重点事業に取り組みます。開学当初からの学部である経済学部は、学生数のおよそ7割を占め、経済・経営の分野で、社会で即戦力となるための能力を身につけます。民間[…]

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。