株式会社レッツエンジョイ東京は2019年12月21日、関東首都圏の学園祭No.1を決めるコンテスト「学園祭グランプリ2019」の最終審査会を開催した。出場した全141キャンパスの中で最高得点を獲得した、立教大学・池袋キャンパス「The 35th St. Paul’s Festival」をMVPに選出し、表彰状および副賞を授与した。

 当日はMVPの他に、6つの特別賞の受賞キャンパスを発表。さらに私鉄8社と協力して各私鉄の沿線にあるキャンパスの中で、地域活性化において特に優秀な取り組みを行ったキャンパスを「電鉄賞」として表彰した。グランプリの総合TOP10は、「地域活性化」「国際交流」「大学独自」の3つの取り組みを審査ポイントとして、現役の学園祭実行委員の大学生らを中心に、書類審査やプレゼン審査を経て決定した。

 MVPを受賞した立教大学は「GAME」というテーマに基づき、診断メーカー企業とのコラボでRPGの世界観を演出するなど、テーマ設定の一歩先の取り組みに注目が集まった。地域活性面では「冒険ラリー」と称してRPGのマップを模したデザインのスタンプラリー企画を制作。テーマ性だけでなく、サンシャインなど大手施設を巻き込んだ企画のスケールと行動力も高い評価を受けた。
 
 今回MVPを受賞した、立教大学2019年度学園祭委員長、杉野泰斗さんは「MVPという素晴らしい賞をいただいてとても感激している。学園祭を通じて地域に貢献し、“地域の皆さんと一体となって池袋の街全体を盛り上げて行きたい”という私たちの取り組みが伝わってとても嬉しい」とコメントした。

参考:【株式会社レッツエンジョイ東京】学園祭グランプリ2019 受賞校の発表!

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。