東京医科歯科大学の西村栄美教授(東京大学教授兼任)と森永浩伸プロジェクト助教らのチームは、ミシガン大学や東京理科大学などとの共同研究により、肥満を引き起こす要因が毛包幹細胞に働きかけ脱毛を促進する仕組みを突き止めた。本研究は『Nature』誌にオンライン発表された。日本医療研究開発機構(AMED)とアデランス社の支援を受けている。

 加齢に伴う脱毛は典型的な老化形質として知られ、中年期から進行する。疫学調査から肥満が男性型脱毛症の危険因子とされているが、薄毛・脱毛に対する肥満の関与の度合いや仕組みは不明だった。研究グループはこれまで、加齢による薄毛・脱毛が、毛の再生の元となる毛包幹細胞の枯渇によることを示してきた。

 本研究では老若両方のマウスに高脂肪食を与えて検証。その結果、3ヶ月以上高脂肪食を摂取したマウスの毛包幹細胞に、酸化ストレス・脂肪滴(過剰な脂質を貯蔵する細胞小器官)・炎症性シグナルが段階的に発生し、幹細胞と毛を再生させる「ソニックヘッジホッグ(Shh)経路」が抑制された。これにより、成長期の毛包幹細胞の分裂時に表皮や脂腺へと分化することで幹細胞の枯渇が進行し、毛包の萎縮を生じて、毛の再生を担う細胞が供給されずに脱毛症が進むことが明らかになった。また、高脂肪食の開始初期からShh経路を活性化し幹細胞を維持した場合にのみ、脱毛症の進行を抑制できることが分かった。

 今回、早期予防的介入により毛包幹細胞を維持すれば、脱毛症の進行抑制が可能であることが判明した。今後、幹細胞を中心としたメカニズムの解明によって、脱毛症などの様々な加齢関連疾患の予防・治療に対する新たな戦略が期待される。

論文情報:【Nature】Obesity accelerates hair thinning by stem cell-centric converging mechanism

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

東京医科歯科大学

医学・歯学の緊密な連携の歴史と実績を礎に人間性豊かで、優秀なグローバルな医療人を育成

日本で唯一の医療系総合大学院大学として、医学・歯学の領域において、世界を舞台に活躍できる人材、幅広い教養と豊かな人間性、高い倫理観、自ら考え解決する創造性と開拓力、国際性と指導力を備えた人材を育成。優秀な教員と最高の設備、そして世界水準の特色あるカリキュラムを[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。