東京大学大学院の丸山一平教授らの研究グループ※は、カルシウム(Ca)を含む使用済みコンクリートと大気中の二酸化炭素(CO2)と水のみを用いて、カーボンニュートラルコンクリートを製造できる技術の基礎を開発した。このコンクリートは繰り返しリサイクルが可能で資源枯渇・廃棄物発生問題の解消とCO2 排出抑制が期待される。

 コンクリートの製造に不可欠なセメントは、生産時に石灰石の主成分である炭酸カルシウムの分解などにより多くのCO2を排出する。また、建築廃棄物として発生するセメント・コンクリート系廃棄物を新たな建設材料とするための再利用技術が求められているが、排出・廃棄されて広く分散したCO2とCaを有効利用する技術の開発は困難だった。

 研究グループは、砕かれた使用済みコンクリートの粒子間に炭酸カルシウムを強制的に析出させて一体化させるという新たな基礎的製造技術を開発した。使用するのは、大気中のCO2と水とCaを含む使用済みコンクリートのみ。この手法を用いると、使用済みコンクリートが過去に排出したCO2と最大で同等程度のCO2を固定化できるため、コンクリートはカーボンニュートラル(CO2の排出量と吸収量が同じ)となる。

 このコンクリートはカルシウムカーボネートコンクリート(CCC)と名付けられ、何度でもリサイクル完全な資源循環型となる。これにより、薄く大気中に広がって存在しているCO2と、全国各地に存在しているコンクリート構造物中のCaの地産地消的な有効利用が可能になり、建設分野のCO2排出削減が期待される。将来的には、火星上でのコンクリートの製造にも応用できる可能性があるという。

※東京大学、北海道大学、太平洋セメント株式会社、東京理科大学、宇都宮大学、工学院大学、清水建設株式会社、増尾リサイクル株式会社によるNEDOムーンショットプロジェクト

参考:【東京大学大学院工学系研究科】世界初!CO2を原料とする完全リサイクル可能なカーボンニュートラルコンクリートの基礎的製造技術を開発-NEDO ムーンショット型研究開発事業「C4S 研究開発プロジェクト」-(PDF)

工学院大学

伝承を継承しつつ、さらなる進化を続ける大学

2011年の日本初の「建築学部」開設を皮切りに、2015年「先進工学部」創設、2016年「情報学部が従来の2学科体制から4学科体制に、そして、2017年4月には伝統の工学部に「電気電子工学科※」誕生と、常に時代に即した改革を続けています。さらに、八王子キャンパ[…]

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

宇都宮大学

主体的に挑戦し、時代の変化に対応し自らを変え、さらには広く社会に貢献する人材を育成します。

1949(昭和24)年に宇都宮高等農林学校,栃木師範学校,栃木青年師範学校を統合して宇都宮大学が設立されました。「日本で最も学生を大切に育てる大学に」をモットーにして、「顔の見える距離感」を活かしたきめ細かな教育と主体的な学びを推進し、幅広い視野と深い専門性を[…]

北海道大学

歴史と伝統を継承しながら広く世界に優秀な人材を求め、人類の福祉、科学、文化及び社会の発展に寄与する

「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」を教育研究の理念として掲げ、全学教育・専門教育を通じて専門的知識の習得と主体的かつ総合的な人材形成を図り、全人的な教育を身につけ、国際性豊かな人材を育成します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。