広島大学と関西医科大学の研究グループは、タバコ煙成分をはじめとする、芳香族炭化水素受容体(AHR)を活性化する化合物が、新型コロナウイルス受容体の発現量を低下させることで細胞への新型コロナウイルス感染を抑制する効果をもつことを明らかにした。

 一般に、喫煙は新型コロナウイルス感染症の病態に悪影響を与えるとの研究結果がある一方で、驚くことに、新型コロナウイルス感染者に喫煙者が少ない、または喫煙者の新型コロナウイルス陽性者が少ないという報告もある。本研究では、喫煙が新型コロナウイルス感染に与える影響を明らかにするために、タバコ煙成分をヒト細胞に処理し、新型コロナウイルスの受容体の構成タンパク質の一つであるACE2の発現量がどのように変化するかを調べた。

 その結果、驚いたことにタバコ煙成分はその濃度依存的にACE2遺伝子発現量を抑制することが判明した。また、この抑制作用は、AHRの活性化を通じて生じるものであることが確かめられた。

 そこで、タバコ以外にAHRを活性化することが知られるトリプトファン代謝物や胃潰瘍治療薬でも検証したところ、これらも同様にACE遺伝子発現量を抑制し、結果として感染するウイルス量を減少させる(細胞への新型コロナウイルス感染を阻害する)ことが確かめられた。

 本研究は、食物などに含まれるトリプトファン代謝物や、長らくヒト臨床に用いられている胃潰瘍治療薬など、既に安全性が確認されている化合物が新型コロナウイルス治療薬に応用できる可能性を示した点で優位性があり、難航する新型コロナウイルス感染阻害薬の開発に新しい道を拓いたといえる。本成果をもとに、効果評価や治療法検討、より効果的な類似化合物の探索などが進むことで、新しい新型コロナウイルス感染症治療・予防法へと展開することが期待される。

論文情報:【Scientific Reports】Inhibiting SARS-CoV-2 infection in vitro by suppressing its receptor, angiotensin-converting enzyme 2, via aryl-hydrocarbon receptor signal

広島大学

自らの人生をデザインするための学び。知を創造する世界トップ100の大学へ

「自由で平和な一つの大学」という建学の精神を継承し、「平和を希求する精神・新たなる知の創造・豊かな人間性を培う教育・地域社会・国際社会との共存・絶えざる自己変革」の5つの理念の下、11学部11研究科を擁する総合研究大学。教育力・研究力を両輪とした大学改革を推進[…]

関西医科大学

人間愛を心の規範とする、医師・看護師・療法士を育成

1928年に創立された医療系複合大学。”慈しみ めぐみ 愛”を心の規範とし、高度な医学的知識に裏打ちされた人間性豊かな医療人を育てています。医学部・看護学部・リハビリテーション学部のどれもが、最先端の設備・機器やトップクラスのシミュレーション環境、そして経験豊[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。