高知大学医学部は「高知大学医学部オープンイノベーション拠点 MEDi(メディ)」を高知市内中心部に開設した。2021年8月27日、高知県副知事、室戸市長、宿毛市長、高知県議会議員らが出席しオンラインにて開所式を執り行った。「地域共創の場」として、産学官の関係者が部局や所属機関の垣根を超え、研究開発成果の検証・社会実装、イノベーションマインドの醸成などを実践する。

 
 オープンイノベーション拠点「MEDi」では、災害医療・コロナ対策・オンライン診療といった行政側のマクロな地域課題と、フィールドワークで住民の声をまとめたミクロなケア課題の両面から課題を抽出。異なる領域のエキスパートたちが行政と住民のどちらか一方に偏りすぎない持続可能な解決策を見出し、産学官連携で領域横断的に関わることで、社会実装を実現する。

 また、ワークスペースにはデジタル治療薬・オンライン診療・遠隔医療など、医療テクノロジー領域における事業を推進する企業の入居を予定しており、入居企業は、高知大学・高知県立大学・高知工科大学と連携し、技術提供やアドバイスを受けながら、自社ビジネスを発展させる。大学と入居企業が有するシーズを出し合い、課題解決~社会実装した成果によって、国際的課題の解決を目指す。

 高知大学では現在、地域課題の解決から世界の課題を解決する“Super Regional University”となることを掲げている。“課題先進県”高知において、解決するべき課題に向き合うためには新たなテクノロジーを医療へ柔軟に取り入れる必要がある。そこで、高知大学医学部ではヘルスケア・イノベーションの可能性に着目し、2021年3月に「医療×VR学講座」を、4月に「ヘルスケアイノベーションコース」を開設し、医療領域でのイノベーション人材の育成に取り組んでいる。

参考:【高知大学】高知大学医学部、高知市内中心部に「オープンイノベーション拠点 MEDi (メディ)」を開設 ~産学官連携、医療×テクノロジーで国際的課題を解決~

高知県立大学

文化・看護・社会福祉・健康栄養の分野で活躍するグローカル人材を育成

高知県立大学は、70年の歴史と地域社会と共に培った財産を礎に、「域学共生」という理念を掲げ、地域志向の教育、実学志向の教育を実施。4学部とも専門的知識と現実社会との循環という「実践」を重視し、地域に出かけ、地域の営みや人々の生活を理解し、課題を分析する実習を全[…]

高知工科大学

大学のあるべき姿を常に追求し、世界一流の大学を目指す

1997年4月に開学し、システム工学群・環境理工学群・情報学群、および経済・マネジメント学群という、理系・文系にわたる4学群を擁する公立大学。クォータ制などの先進的な教育システムをいち早く取り入れて、機動的に最先端を走っています。研究環境を支える最先端の装置・[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。