順天堂大学と株式会社ジョリーグッドは、実際の「COVID-19診療病棟」を舞台にしたリアルな感染症診療をVRで体験学習できる感染症診療VRを共同開発する。

 この取り組みは、文部科学省の2020年度第三次補正予算事業「感染症医療人材養成事業」にて順天堂大学が採択された事業の一環として行われ、医学生ら向けに実際の感染症診療病棟での実習ができるVR教材の開発は、全国初の取り組みとなる。

 医学生向けの感染症対策教育は、一般的な概要等の座学教育は行われているが、実際の感染症の診療病棟には立ち入ることが極めて難しく、実践的な対策実習はできていない状況が続いている。順天堂大学でも、現在学生の臨床実習を制限されており、次世代を担う医学生に必要な経験値が積めないという影響が出ている。また、感染症診療や感染制御は、多職種の連携が必要とされ、医学部の学生のみならず、看護学生や理学療法学生等に対しても十分な実習が必要だと言われている。

 そこで、順天堂大学では、大学内の実際のCOVID-19診療病棟を基に完全再現された仮想空間で、COVID-19を始めとする感染症に携わる当事者としての現場診療を疑似体験できる教育プログラム開発し、医学生や看護学生、理学療法学生らを対象に効果検証を行う予定としている。

 株式会社ジョリーグッドは、高精度なVRソリューションと、VR空間のユーザー行動を解析するAIによる医療福祉向けサービスを開発するメディカルテクノロジーカンパニー。VRやAIなどのテクノロジーにより、医療教育、障害者支援、精神疾患治療など、人の成長や社会復帰を加速し、医療の進化や人の生きがいを支えるサービスを様々な研究機関や企業と共に展開している。

参考:【順天堂大学】順天堂大学と株式会社ジョリーグッドが感染症診療VRを共同開発

順天堂大学

「スポーツ」と「健康」をキーワードに、新しい時代を共創

創立183年の伝統校。医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部、保健看護学部、国際教養学部、保健医療学部の6学部3大学院研究科6附属病院からなる健康総合大学です。さらに、2022年4月には、医療科学部(仮称)の解説を準備しており、ますます「教育」「研究」「実践[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。