文部科学省は、全国の大学が実施している課題解決型高度医療人材養成プログラム26件を中間評価した。医師、歯科医師の養成で筑波大学が最高のS評価、新潟大学と岡山大学がそれに次ぐA評価、薬剤師、看護師らメディカルスタッフの養成で九州大学がA評価を受けている。

 文部科学省によると、中間評価されたのは、医師、歯科医師を対象にした人材育成14件、薬剤師、看護師らメディカルスタッフ対象の12件の合計26件。2014年度に文科省の課題解決型高度医療人材養成プログラムに採択され、2018年度まで5年間の予定で人材育成を進めている。
中間評価はS、A、B、C、Dの5段階で判定。高評価のSは2017年度の補助金を5%、Aは3%増額する。B、Cの評価は逆に30~46%減額になる。Dは事業停止とする。

 医師、歯科医師対象の人材育成では、筑波大学がS、新潟大学と岡山大学がA、慶應義塾大学、近畿大学、名古屋大学など9事業がB、東京医科歯科大学と信州大学がCと判定された。
メディカルスタッフ対象では、九州大学がA、山形県立保健医療大学、大阪府立大学、鹿児島大学など11事業がBとされている。事業停止のD判定は医師、歯科医師対象、メディカルスタッフ対象事業ともなかった。

 文科省は各大学に中間評価結果を踏まえ、各プログラムの効果をしっかりと検証、必要に応じて事業見直しを進めるよう求めている。

参考:【文部科学省】「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の中間評価結果について

筑波大学

学際融合・国際化への挑戦を続け、知性と人間性を備えた人材を育成

学問文化の薫り高い国際都市、筑波サイエンス・シティの中核となる緑あふれる筑波大学。現在の教育体制は9学群・23学類、全ての分野から専門導入的な科目を履修することができ、創造的な知性と豊かな人間性を備えることをめざしています。師魂理才をもって、地球規模課題の解決[…]

九州大学

未来を切り拓く「総合知」を生み出し、社会変革を牽引する大学

今年111周年を迎えた九州大学は、12学部19学府を擁する基幹総合大学。世界最高水準の卓越した教育研究活動を展開し国際的な拠点となり得る「指定国立大学法人」として指定を受けました。これまで培い蓄積した人文社会学系から自然科学系、さらにはデザイン系の「知」を組み[…]

新潟大学

地域と世界の発展に資する「知の拠点」で、想像力と創造力を磨き、真の強さを学ぶ

新潟大学は、10学部を擁する国内有数の大規模総合大学。全学の理念「自立と創生」に基づいた、特色ある2つの主専攻プログラムを展開しています。多様な学びや研究機会によって、想像力と創造力を仲間と磨き合うことができ、自信に満ちた思いやりのある人間へと成長。タフであり[…]

岡山大学

グローバルに活躍できる実践人として羽ばたく環境・体制づくりを推進

創立150周年あまり、10学部8研究科4研究所を有する国立大学。高度な研究活動の成果を基礎とし、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。