文部科学省は課題解決型高度医療人材養成プログラムに選定した国立7大学の事業内容を中間評価し、熊本大学、東京大学、筑波大学の3校に最高評価となるSを与えた。残りはA評価が3校、B評価が1校で、取り組みに大きな問題があると判定されたところはなかった。

 文科省によると、課題解決型高度医療人材養成プログラムは科学的な根拠に基づいた医療を提供でき、健康長寿社会の実現に寄与できる優れた医療人材の養成を目的として2014年度から進めてきた。

 このうち、2018年度から実施している精神関連領域、医療チームによる災害支援領域が中間年度を迎えたことから、中間評価することになったもので、国立長寿医療研究センターの大島伸一名誉総長、日本大学文理学部の津川律子教授ら学識経験者がこれまでの取り組み内容を審査した。

 事業に選定され、事業を実施しているのは、精神関連領域が筑波大学、千葉大学、東京大学、京都大学の4校、医療チームによる災害支援領域が東北大学、新潟大学、熊本大学の3校。

 審査の結果、精神関連領域では東京大学と筑波大学がS評価、千葉大学がA評価、京都大学がB評価となった。医療チームによる災害支援領域では熊本大学がS評価、東北大学と新潟大学がA評価と判定された。

参考:【文部科学省】「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の中間評価結果について

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。