名古屋大学の佐藤憲昭教授らのグループは、豊田工業大学、東北大学、豊田理化学研究所との共同研究により、超伝導になる準結晶を世界に先駆けて発見した。

 固体は3種類に分類される。結晶は原子が規則正しく整列し、ガラスは「アモルファス」と呼ばれ、原子配列はランダムだ。「準結晶」の原子配列は一見乱雑だが、実際はある規則に従っている。このうち準結晶だけが超伝導を示すものが見つかっていなかった。超伝導になるためには、電子の間に引力が働いてペアーが形成される必要があることから、準結晶中の電子はペアーを作れないのではないかと考えられていた。

 今回、アルミニウム(Al)、亜鉛(Zn)、マグネシウム(Mg)の3元素を組み合わせ、高速急冷法により準結晶を合成。この試料を、希釈冷凍機を用いて0.04ケルビン以下の超低温にまで冷却し、種々の物理量を計測した。その結果、電気抵抗が0.05ケルビン(-273.1℃)付近で急激にゼロとなって磁化が減少し、さらに比熱が急激に増大した。このような超電導状態を示す特徴により、準結晶試料が0.05ケルビンという超低温で超伝導になることが明らかとなった。

 さらに、絶対零度に近い超低温でしか超伝導が発現しないことに関して、詳細な研究を行ったところ、この転移温度(超伝導への転移が生じる温度)の低さが準結晶の特徴であることが判明。また、準結晶の超伝導は従来の超伝導とは異なるタイプのペアーを形成している可能性も示された。

 今回の発見は、準結晶中の電子にも引力が働くことを明らかにしたという点で、重要な意味を持っている。準結晶の超伝導研究の始まりとされる今回の研究が、今後新型の超伝導の解明につながることが期待される。

論文情報:【Nature Communications】Discovery of superconductivity in quasicrystal

名古屋大学

真の勇気と知性をもち、未来を切り拓いていける人をめざす

名古屋大学は、9学部・13研究科、3附置研究所、全国共同利用・4共同研究拠点などを擁する総合大学です。創造的な研究活動によって真理を探究し、世界屈指の知的成果を産み出しています。自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育成[…]

東北大学

イノベーションの源泉となる優れた研究成果を創出し、次世代を担う有為な人材を育成

東北大学は、開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念及び「実学尊重」の精神を基に、豊かな教養と人間性を持ち、人間・社会や自然の事象に対して「科学する心」を持って知的探究を行うような行動力のある人材、国際的視野に立ち多様な分野で専門性を発揮して指導的[…]

豊田工業大学

先端研究と個性豊かな教育で、グローバル社会に貢献できる技術者・研究者へ

1981年にトヨタ自動車の社会貢献活動の一環として設立。授業料は年額60万円。塾的な少人数教育、充実の研究施設、全学生必修のインターンシップなどが特徴です。単に学理に通じているだけでなく、未知の分野に果敢にチャレンジし、新しい道を切り拓く創造的で実践的な開発型[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。