東京理科大学発ベンチャーの株式会社イノフィスは、装着型の作業支援ロボット「腰補助用 マッスルスーツ」シリーズの最新モデルを2018年9月から販売する。

 「マッスルスーツ」は、空気で稼働する“人工筋肉”によって装着者の動作をアシストし、つらい作業時の身体にかかる負担を軽減させる装着型の作業支援ロボット。人や重い物を持ち上げるときや中腰姿勢を続けるといった、身体に負担のかかる作業をする際の動作をアシストし、作業負担を軽減させる。また、腰痛予防にも効果がある。

 最大の特徴は、アクチュエータに、空気を駆動源とする人工筋肉 (Mckibben型人工筋肉)を使用していることで、なめらかで自然な動きでありながら、最大で25.5kgf~35.7kgfという強い補助力(=腰部を補助するために下半身に対して上半身を回転させる力を補強)を発揮する。2014年に初期モデルの販売を開始して以来、累計3,400台を出荷。介護や製造業、建設業、物流業、農業など重労働の多い現場で導入されている。

 今回発売される最新モデル「Edge」は、ユーザーからのより軽く、より広い用途を求める声にこたえ、従来モデルでは5~8㎏あった重さを4.3㎏までカット。形状もコンパクトになり、狭い所で使えるようにした。

参考:【東京理科大学】 重労働現場で活躍の「マッスルスーツ®」シリーズ、最新モデル販売開始(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。