東北大学法科大学院と新潟大学法学部は、2018年12月21日、文部科学省が推進する「法曹コース」制度化を見据えた大学間の協議を開始するため、教育連携に関する準備協定を締結した。

 「法曹コース」は、2020年4月段階で2年生となる法学部生が対象。制度化された場合、新潟大学法学部を3年で早期卒業後、東北大学法科大学院に進学し、2年で修了する「5年一貫教育」(いわゆる3+2)のスキームが実現できることになる。これにより、新潟を含めた東北地方、全国への優秀な法曹人材の輩出に寄与することが期待される。

 今後、両大学の間では、入試やカリキュラム編成に関する具体的な協議を実施し、本協定の締結に向け引き続き取り組んでいく。

参考:【東北大学】新潟大学法学部と教育連携に関する協定を締結

この記事が気に入ったらおねがいします。

甲信越地方の大学
東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。