東京大学大学院理学系研究科の平松光太郎助教をはじめとする共同研究グループは、毎秒1000個以上の細胞の個性を測定できる新しい大規模1細胞解析法を開発した。

 人間の個体と同じように、個々の細胞には個性があり、一細胞を区別して測定することで、集団平均の測定では見逃してしまう重要な基礎科学的知見を得ることが可能である。個々の細胞の測定方法としては、通常、フローサイトメトリーを用いるが、生体分子を蛍光色素で染色する必要があるため、蛍光色素による細胞毒性や自家蛍光などの欠点があり、また、代謝物質などの小さな生体分子は染色が難しく、その応用範囲に制限があった。

 そこで、今回、同研究グループは、光を当てるだけで細胞内の生体分子を染色せずに測定することが可能なラマン分光法を応用し、毎秒1000細胞以上のスループットで無標識に細胞内分子の振動に基づく“指紋”を測定する手法を開発した。この手法により、細胞中に存在する生体分子の量と構造を決定し、各々の細胞の個性に注目しつつ、多数の細胞を生きたまま解析する「木を見て森も見る」細胞解析が可能となった。

 本技術により、従来のフローサイトメトリーでは解析が難しかった代謝生成物の蓄積量やその産生ダイナミクスを無標識かつ高速に解析することが可能になった。また、血液などの液体検体を用いることで、血液中の種々の細胞を高速かつ高精度に測定し、疾病の検出や予知が可能になると期待される。

論文情報:【Science Advances】High-throughput label-free molecular fingerprinting flow cytometry

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

九州大学

日本の様々な分野において指導的な役割を果たし、広く全世界で活躍する人材を輩出し、日本及び世界の発展に貢献する

「基幹教育」と「専攻教育」から成立する学部教育。生涯にわたって学び続けることを幹に持ち、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。深い専門性や豊かな教養へとつながる知識・技能と、新たな知や技能を創出し未知な問題を解決するもとである「ものの見方・考[…]

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

中央大学

多様な教育により養われた「行動する知性。」は世界と日本の「中央」へ

中央大学は、1885(明治18)年、「實地應用ノ素ヲ養フ」という建学の精神を掲げ、「英吉利法律学校」として創設されました。この伝統は、総合大学として幅広い学問分野を網羅する現在では、「行動する知性。- Knowledge into Action-」というユニバ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。