世界トップ50の難関大学に入学できたら、奨学金550万円-。山口県萩市が市内在住の高校生や市内の高校を卒業した20歳までを対象に、世界大学ランキングの上位50校入学者に4年間で総額550万円の奨学金を給付する新事業を2019年度一般会計当初予算に盛り込んだ。全国でも珍しく、山口県では初めての試みになるという。

 萩市によると、対象者は高校時代の3年間、萩市に在住して市内の高校を卒業、2020年4月以降に世界大学ランキングの上位50校に入った国内外の大学へ進学する者。年齢は大学へ入学する年度の4月1日現在で20歳以下に限定している。市外からの転入者は20歳以下でも対象外になる。

 奨学金は入学準備金として30万円、進学後に4年間、授業料などが給付される。毎年の上限は130万円。幕末に英国へ密航して留学、日本の近代化や工業化に貢献した伊藤博文ら長州藩の五傑に見習い、萩市から国際的に通用するグローバル人材を育成するのが狙いで、2019年度予算には「あなたのふるさと萩応援基金」からの繰入金として事業費90万円が計上された。

 世界大学ランキングの上位50校には、英国のオックスフォード大学、米国のハーバード大学などの名門校が選ばれており、国内からは東京大学と京都大学が選出されている。萩市では2013年度に京都大学への進学があったという。

参考:【山口県萩市】平成31年度当初予算概要(PDF)

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

京都大学

「自重自敬」の精神に基づき自由な学風を育み、創造的な学問の世界を切り開く。

自学自習をモットーに、常識にとらわれない自由の学風を守り続け、創造力と実践力を兼ね備えた人材を育てます。 学生自身が価値のある試行錯誤を経て、確かな未来を選択できるよう、多様性と階層性のある、様々な選択肢を許容するような、包容力の持った学習の場を提供します。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。