ヨルダン南部の内陸乾燥域に居住していた現生人類が、55km離れた紅海の貝殻を象徴品として用いていたことを、名古屋大学などのグループが新たに発見した。

 現在の人類の祖先である現生人類は、絶滅した古代型人類(ネアンデルタール人など)と約4万年前まで同時代に存在したことがわかっている。現生人類のみが増加して現在の私たちに至り、古代型人類が絶滅した理由は何だったのだろうか。

 本研究者らは、現生人類とネアンデルタール人の両方の遺跡が残るレヴァント地方(地中海東岸の一帯)で現地調査を行い、現生人類とネアンデルタール人の行動の違いを明らかにすることを試みた。調査地域はヨルダン国南部の内陸乾燥地帯で、海岸から遠く離れているが、ワディ・アガル遺跡から貝殻を発見し、その年代は現生人類の居住地だったことを突き止めた。

 見つかった貝殻はツムガタソデとムカシタモト類の2点で、いずれも紅海産。数が少ない上に小型で、しかも55km離れた紅海から持ち込まれているため、食用とは考えにくいという。何らかの意味を有する象徴品が50kmを超えて持ち運ばれた記録は、同地域のネアンデルタール人の時代の遺跡からは見つかっていない。

 ワディ・アガル遺跡に居住していた現生人類が紅海との間を移動して貝殻を持ち込んだのか、あるいは紅海の近くに居住する別の集団から受け取ったのかは不明だが、現生人類は近郊のみで生活していたネアンデルタール人と異なり、居住地から遠く離れた海岸の資源を得る手段を持っていたことがわかった。食料不足などのリスクがしばしば生じる内陸乾燥域において、海岸域とのつながりは有効な対応策だ。

 本成果は、ほぼ同じ条件下で絶滅人類と現生人類がとった行動の違いを示した貴重な例であり、現生人類の行動的特徴の解明に貢献することが期待される。

論文情報:【Journal of Human Evolution】Lithic technology, chronology, and marine shells from Wadi Aghar, southern Jordan, and Initial Upper Paleolithic behaviors in the southern inland Levant

この記事が気に入ったらおねがいします。

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

東北大学

建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造

開学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数々の教育研究の成果を挙げてきた実績を踏まえ、これらの伝統・理念等を積極的に踏襲し、独創的な研究を基盤として高等教育を推進します。[…]

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。