静岡理工科大学は、浜松市との共催により、「高校生モノづくり・コトづくりプランコンテスト2020」を開催。現在、高校生の自由な発想によるビジネスアイデアプランを全国から幅広く募集している。

 8回目を迎える「高校生モノづくり・コトづくりプランコンテスト」は、「ものづくり」や「ことづくり」に興味や関心のある全国の高校生から「こんなものがあればいい」「こんなことをやってみたい」「夢のあるアイデアをカタチにして、売り出したい」などのオリジナリティに富み、アイデアに満ちたプランを募集する。

 応募テーマは、機械加工物、電子部品、生活用品の改良などの「ものづくり分野」とイベント企画、ビジネスプラン、情報サービス、地域コミュニティなどの「ことづくり分野」の2分野。応募部門は、申請者が1人でプランを考え応募する「個人の部」と2人以上でプランを考え、応募する「グループの部」がある。

 応募資格は、高校生(3年生以下の高等専門学校生も可)、応募期間は2020年7月1日~11月30日。応募要領と応募用紙は、静岡理工科大学ホームページからダウンロードできる。

 応募したアイデアは、審査委員会により、①独創性・新規性、②科学的、客観的な根拠、③高校生としての感性や夢、④実現の見込み、以上4点で書類審査が行われ、審査結果は、2021年1月中旬頃、大学ホームページで発表するとともに本人又は各学校へ通知する。書類審査を通過した最終審査会出場者(個人又はグループ)は、2021年2月20日に浜松市内の会場で、10分間のプレゼンテーションを行う。その後、審査委員会による選考を行い、受賞者を決定する。

参考:【浜松市】「高校生モノづくりコトづくりプランコンテスト2020」開催 オリジナル性、アイデアに満ちたプランを募集!

この記事が気に入ったらおねがいします。

静岡理工科大学

「研究」を通して「人間力」を育む大学。

本学の考える「研究力」とは、研究をコアとした経験を通して実社会で生き抜く「人間力」を育むことです。論理的思考、トライ&エラーを繰り返す忍耐力、そこから得られる成功体験や仲間と協調して物事を進める経験を通じて、学生一人ひとりを大きく成長させていきます。 「先[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。