昭和女子大学では、2020年3月卒業生(2019年9月卒を含む)の実就職率※が97.0%となり、大学通信が発表する「2020年最新実就職率ランキング」において、卒業生1000人以上の女子大学で10年連続ナンバー1を達成した。卒業生100人以上1000人未満も含めた女子大学の中でもトップであり、全国の大学では5位(前年4位)にランキングされた。

 昭和女子大学の2020年3月卒業生の実就職率は、2019年比0.3ポイント減の97.0%だったが、2011年から10年連続で女子大学で首位を獲得。また、全国の大学においては、金沢工業大学(98.1%)、大阪工業大学(98.1%)、福井大学(97.9%)、愛知工業大学(97.9%)に次ぐ高さで、全国5位となった。就職した1,216人中、正社員・常勤職員が96.5%。総合職が356人、転勤のない準総合職が38人、一般事務職が241人で、総合職・準総合職の比率は年々増加している。

 就職率の高い昭和女子大学では、学生が職業・就業を中心に据え、自分の生き方を設計する力を身につけられるよう、4年間を通じてキャリア科目、キャリア支援プログラムなど充実したキャリア支援を行っている。独自の「社会人メンター制度」では、公募によって登録された豊富な社会経験を持つ約300人の女性のメンターから直接アドバイスをもらうことができる。このようなきめ細かなキャリア支援や学生たちのキャリアデザインへの意欲が高い就職率につながっている。

 現在、新型コロナウイルス感染防止のため、昭和女子大学では4月1日から学生の大学立ち入りを禁止している。しかし、今まで対面で実施していたキャリア教育やキャリア支援、社会人メンター制度は、オンラインで引き続き実施。また、面談もオンライン化し、従来より枠を拡充してきめ細かく個々の学生の相談に応じるなど、学生たちのキャリア形成の支援に力を入れている。

※実就職率=就職者数÷(卒業者数-大学院進学者数)×100

参考:【昭和女子大学】2020年卒業生の実就職率 97.0% 女子大学 で「10 年連続ナンバー1 」快挙達成

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。