上智大学などを運営する学校法人上智学院は、6号館(ソフィアタワー)の東側に木造3階建となる「上智大学15号館」の建設に着手する。2022年6月の供用開始を目指して2022年4月の竣工を予定している。

 上智大学15号館は、環境負荷が少なくCO2排出量の大幅削減が期待できる木造3階建。異なる太さの木材を交差させた格子の外観は、上智大学の建学の理念に連なる「多様性」「他者との交流」「真理」「伝統」を表現している。内装にも木材を積極的に使い、あたたかみのある快適な空間を創出する。森林資源の循環の構築に寄与するとともに、地域のサステナブルなランドマークとして、社会人教育や地域交流の拠点として活用する。

 1階は大学関係者以外も利用可能なカフェを開設し、地域住民が活用できる防災倉庫を配備。地域との繋がりを意識した施設として、活気ある街づくりに貢献する。2階・3階は60人程度を収容できる教室(いずれも60人程度収容)を配置する。アクセスの良さやキャンパスから独立した運用が可能な立地を活かして、夜間・休日を含め各種イベントや公開講座などの会場としても活用する予定。

 上智学院では持続可能な社会の発展と人間の尊厳を守るため、SDGsの達成に向けて、ESG投資や再生可能エネルギー100%の電力導入など、さまざまな活動に取り組んでいる。

参考:【上智大学】上智大学15号館着工へ

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。