2021年2月14日、慶應義塾大学は、2月13日23時8分頃に福島県沖で発生した地震の影響で2021(令和3)年度学部一般選抜を受験することができなかった受験生に、特別措置として追試験を実施することを発表した。

 追試験対象となる学部は、2月15日に通常試験を実施した文学部と、2月16日に通常試験を実施する法学部。2月17日以降に通常試験を行う総合政策学部、環境情報学部、医学部(第1次試験)はこの地震の影響による追試験は行わない。

 追試験対象者は、出願時の現住所が東北地方(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)であり、2月14・15日に東北新幹線(那須塩原~盛岡間)が終日運転を見合わせたことにより、本来の通常試験実施日に文学部または法学部の一般選抜を受験できなかった者とする。通常試験を1時限(1科目)でも受験した場合(途中退席を含む)は追試験を申請できない。

 追試験の申請に際して入学検定料は再徴収しない。また追試験対象者であっても、文学部と法学部の一般選抜の両方に出願してどちらも受験できなかった場合、追試験の申請学部は1学部のみに限られる。その場合、もう一方の学部の入学検定料は返金する。新型コロナウイルス感染症に関わる追試験との併願は認めない。

 追試験の申請は申請サイトより手続きし、書類等の提出は不要。申請締切日は追試験を希望する学部の通常試験実施日までとする。受験資格の審査結果はマイページのお知らせ欄で2021年2月26日23:59までに通知する。

 追試験は2021年3月9日、慶應義塾大学三田キャンパスで実施する。合格発表は3月18日午前中にマイページで指定されたサイトに掲出する。入学手続きは3月24日13時までに行う。

参考:【慶應義塾大学】福島県沖地震の影響による交通途絶のため2021年度学部一般選抜を欠席せざるを得なかった受験生への特別措置について

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。