東京大学の横山広美教授を中心とする、東京大学・NIRA総合研究開発機構・滋賀大学・名古屋大学の研究グループは、日本に根強い数学や物理学の男性的イメージを説明する新モデルを提案し検証した。

 数学や物理学を学ぶ学生は理系の中でも女性比率は極めて低い。要因にはこうした分野の男性イメージの強さがある。同グループの以前の調査では、女性に向くかと聞いた18分野のうち、物理学は下から2番目、数学は下から4番目だった。

 今回、研究グループは、そのような要因を3つ(分野の男性的カルチャー、幼少期の経験、自己効力感の男女差)にまとめた先行研究を利用し、さらに要因4(ジェンダー不平等の社会風土)を加えた。各要因はそれぞれ複数の要素を含み、これらに対応した質問項目を用意して男性的イメージを測定。新モデルに基づいてインターネット調査を実施した。

 その結果、要因1から数学・物理学を男性的とみる傾向がある人が判明した。それは、数学・物理学を学んだ人が就く「職業」が男性向きと思う人、女性は数学的能力が低いという「数学ステレオタイプ」を持つ人、そして、数学・物理学を学ぶ人に「頭が良いイメージ」を抱く人だ。さらに、要因4の要素のうち、「女性は知的であるほうがよい」ことに否定的な人ほど数学に対して男性的イメージを持つことも分かった。これらの結果は、優秀さが男性のものであるという意識が学術分野の男性的イメージに影響を与えていることを示唆している。

 今回の新モデルによる研究成果が、一部学術分野に男性的イメージをもたらす要因の解明に役立つとともに、ダイバーシティ推進政策や人材育成政策に貢献することが期待される。

論文情報:【Public Understanding of Science】Masculinity in the public image of physics and mathematics: a new model comparing Japan and England

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

名古屋大学

総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成

基礎技術を「ものづくり」に結実させ、そのための仕組みや制度である「ことづくり」を構想し、数々の世界的な学術と産業を生む「ひとづくり」に努める風土と、既存の権威にとらわれない自由闊達な学風の上に、真の勇気と知性をもった未来を切り拓く人を育てます。[…]

滋賀大学

豊かな人間性とグローバルな視野を備えた専門性の高い職業人の養成と、創造的な学術研究への挑戦を通して、人類と社会の持続可能な発展に貢献する。

学生の主体性を尊重しつつ、幅広い教養と高度な専門知識を育む教育を追求します。滋賀の歴史と文化の継承と発展、及び琵琶湖を起点とする自然環境の保全を実現する特色ある教育を追究します。また、グローバルな視野を育て、国際理解を深める教育の充実に努めます。[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。