東京大学の横山広美教授を中心とする、東京大学・NIRA総合研究開発機構・滋賀大学・名古屋大学の研究グループは、日本に根強い数学や物理学の男性的イメージを説明する新モデルを提案し検証した。

 数学や物理学を学ぶ学生は理系の中でも女性比率は極めて低い。要因にはこうした分野の男性イメージの強さがある。同グループの以前の調査では、女性に向くかと聞いた18分野のうち、物理学は下から2番目、数学は下から4番目だった。

 今回、研究グループは、そのような要因を3つ(分野の男性的カルチャー、幼少期の経験、自己効力感の男女差)にまとめた先行研究を利用し、さらに要因4(ジェンダー不平等の社会風土)を加えた。各要因はそれぞれ複数の要素を含み、これらに対応した質問項目を用意して男性的イメージを測定。新モデルに基づいてインターネット調査を実施した。

 その結果、要因1から数学・物理学を男性的とみる傾向がある人が判明した。それは、数学・物理学を学んだ人が就く「職業」が男性向きと思う人、女性は数学的能力が低いという「数学ステレオタイプ」を持つ人、そして、数学・物理学を学ぶ人に「頭が良いイメージ」を抱く人だ。さらに、要因4の要素のうち、「女性は知的であるほうがよい」ことに否定的な人ほど数学に対して男性的イメージを持つことも分かった。これらの結果は、優秀さが男性のものであるという意識が学術分野の男性的イメージに影響を与えていることを示唆している。

 今回の新モデルによる研究成果が、一部学術分野に男性的イメージをもたらす要因の解明に役立つとともに、ダイバーシティ推進政策や人材育成政策に貢献することが期待される。

論文情報:【Public Understanding of Science】Masculinity in the public image of physics and mathematics: a new model comparing Japan and England

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

名古屋大学

真の勇気と知性をもち、未来を切り拓いていける人をめざす

名古屋大学は、9学部・13研究科、3附置研究所、全国共同利用・4共同研究拠点などを擁する総合大学です。創造的な研究活動によって真理を探究し、世界屈指の知的成果を産み出しています。自発性を重視する教育実践によって、論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育成[…]

滋賀大学

「琵琶湖世界 BIWAKO Cosmos」から世界へのつながりを拓く

師範学校の時代から140年余、伝統に支えられ、豊かな人間性とグローバルな視野を備えた専門性の高い職業人の養成をしている。2017年にデータサイエンス学部が新設。企業課題を踏まえた協働研究で価値創造など多彩な研究を行い、文理融合型大学への転換を進めています。それ[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。