神戸大学大学院人間発達環境学研究科の石原暢助教、北海道教育大学岩見沢校の森田憲輝教授らの研究グループが中学生の体力向上と学業成績の関係を調べたところ、苦手科目に限って体力の向上がプラスの効果を与えていることを見つけた。

 研究グループは469人の中学生を1年生から3年生まで追跡調査し、体力(全身持久力)と苦手科目、得意科目の学業成績(国語、数学、理科、社会、英語の最低評定値と最高評定値)の変化を調べた。その際、学業成績に影響を与える両親の学歴や世帯収入、放課後の勉強時間などを統計学的に除外した。

 それによると、体力の向上は得意科目の学業成績の変化にかかわっていなかったが、苦手科目の成績が改善されていることが分かった。苦手科目だけになぜプラスの効果が出たのかは判明していないが、研究グループは運動部の練習など体力の向上を促す習慣が苦手科目にプラスの効果を与え、得意科目にマイナスの効果を出していない点に注目し、引き続き分析を進めることにしている。

 子どもの体力と学業成績の関係は過去15年ほどの間に盛んに研究されてきたが、各研究の見解は一致しておらず、体力向上と学業成績の関係に結論が出ていない。そこで、研究グループは学業成績を得意科目と苦手科目に分けて分析することで、関係の解明を試みた。

論文情報:【npj Science of Learning】Differential effects of changes in cardiorespiratory fitness on worst- and best- school subjects

神戸大学

世界各地から人材が集まり、世界へ飛び出していくハブ・キャンパス。 異文化交流を重視し、国際性豊かな知の生命体としての大学を目指す。

「知の生命体としての大学」を目指して「異分野との交流」を重視し、教育・研究交流はもちろん、社会貢献のために産学官民連携を積極的に推進します。 先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材を輩出[…]

筑波大学

文系、理系から体育、芸術にまで及ぶ学問を探求し、学際融合、国際化への挑戦を建学の理念とする未来構想大学。

筑波大学は1872(明治)年に開校されたわが国初の師範学校が始まりです。その後、昭和48年に移転を機に東京教育大学から筑波大学へと変わりました。現在の教育体制は9学群、23学類ですが、学生は枠組みを超えて講義を受けることができ、創造的な知性と豊かな人間性を備え[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。