法政大学の島野智之教授をはじめ東京都立大学、国立科学博物館、国立台湾大学の研究チームによって、国内では143年ぶりのオオムカデの新種が発見された。

 今回発見されたオオムカデの新種は、陸地と水中にすむ半水棲ムカデで、身の危険を感じると水中に逃げ込み、じっと身を隠す習性をもつ。沖縄本島北部(やんばる地方)の深い森、久米島、西表・石垣島、渡嘉敷島、台湾に生息し、体長約20cm、体幅約2cm(大人の親指くらいの太さ)。同地域に生息する日本最大の川エビ「コンジンテナガエビ」(体長10cm前後)を捕食しているところが目撃されている。過去に半水棲ムカデは、2016年にラオス、ベトナム、タイから1種、2018年にフィリピンから1種が報告されており、世界で3例目、日本では初めての発見となる。

 学名は「Scolopendra alcyona」。美しい青緑色(ひすい色)の体色をしていることと、川に飛びこむ姿から、同様に美しい体色の鳥であるカワセミとおなじく、ギリシャ神話の女神アルキオーネの名前にちなんだもので、一方、和名はムカデにまつわる沖縄の故事にちなんで「リュウジンオオムカデ(琉神大百足)」と命名された。

 日本には本種を含め5種のオオムカデ属が分布するが、日本からオオムカデ属の新種が記載されるのは、アオズムカデ(Scolopendra japonica)とトビズムカデ (Scolopendra mutilans)がドイツ人の手によって1878年に新種記載されて以降、実に143年ぶり。また、日本人の手によって、オオムカデ属の種が記載・命名されるのは初となる。
 
 このオオムカデについては少し前から現地で噂になっており、今回研究チームが学術的に確認したもの。研究にあたり、平良 太氏(あしむりの郷)、佐々木 健志氏(琉球大学博物館)、當山 全翔さん(沖縄県立辺土名高校3年生)、佐藤文保氏(久米島ホタル館・館長)ほか多数が協力した。 

論文情報:【Zootaxa】A new amphibious species of the genus Scolopendra Linnaeus, 1758 (Scolopendromorpha, Scolopendridae) from the Ryukyu archipelago and Taiwan

法政大学

「自由と進歩」 時代に応える自立型人材を育成

法政大学では、建学以来「自由と進歩」の精神を培ってきました。現在は15学部38学科からなる幅広い学問分野を擁する日本有数の総合大学となっています。自由な発想で新しい問題に挑戦する自立型人材を育成。文部科学省・H26年度「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB[…]

首都大学東京

「大都市における人間社会の理想像の追及」を使命とする東京都公立大学。

東京都立大学は2005(平成17)年に都立の4つの大学を統合して設置した新しい大学です。広い分野の知識と深い専門の学術を教授研究するとともに、教育研究機関や産業界等との連携を通じ、大都市に立脚した教育研究の成果をあげ、豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成し、[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。