奈良女子大学、北海道大学、熊本大学、兵庫県立大学、徳島大学などの研究チームは、ダム湖内堆砂対策として行われる「ダム下流域への置き土」(以後、「土砂還元」)が、健全な河床環境や生物群集の改善に有効であることを明らかにした。

 多くのダム湖内では、土砂堆積が問題となっており、また一方で、ダム下流域では土砂不足が引き起こす河川環境・生物群集の機能劣化が問題となっている。ダム湖内の土砂の対策としては、堆積した土砂を掘削してダム下流域へと運び、河道に土砂を戻す「土砂還元」が行われているが、近年、この「土砂還元」がダム下流域の粗粒化した河床に土砂を再供給することによって環境緩和策としても有効なのではないかという可能性が指摘されるようになった。しかし、「土砂還元」が実際に河川生物に及ぼす影響については明らかになっていなかった。

 本研究では、岐阜県の阿木川ダム下流において「土砂還元」の前後で野外調査を実施し、詳細な比較検討を行った。その結果、土砂還元前には、土砂が少なく、付着藻類がべったりと厚く繁茂する河床環境であり、巨礫に固着する造網性トビケラのみが著しく優占する、種多様性の低い生物群集が成立していた一方で、土砂還元後には、河床に巨礫から土砂までの河床材料がバランスよく存在し、造網性トビケラだけでなく多様な機能を持つ分類群がバランスよく生息する種多様性の高い生物群集へと変化していることを見出した。

 これにより、「土砂還元」が生物多様性の高い河川づくりにつながる可能性が示唆されたといえる。なお、土砂の量が多すぎると生物群集は逆に貧相になることが知られているため、本研究では、劣化した河川生態系を改善するには適切な土砂量が重要であることも指摘している。

論文情報:【Scientific Reports】Effects of sediment replenishment on riverbed environments and macroinvertebrate assemblages downstream of a dam

北海道大学

歴史と伝統を継承しながら広く世界に優秀な人材を求め、人類の福祉、科学、文化及び社会の発展に寄与する

「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」、「実学の重視」を教育研究の理念として掲げ、全学教育・専門教育を通じて専門的知識の習得と主体的かつ総合的な人材形成を図り、全人的な教育を身につけ、国際性豊かな人材を育成します。[…]

兵庫県立大学

「未来はここに、世界とともに、兵庫県立大学」 グローバル社会で自立できる高度な人材を育成。

様々な事柄に積極的にTRY(挑戦)し、社会で必要となる人間力の基礎を培い、地域・日本・世界で活躍できる人材を育てます。 英語コミュニケーション能力の育成を中心としたグローバルリーダー教育ユニットを充実させ、海外研修プログラムを大幅に増やします。[…]

奈良女子大学

女子の最高教育機関として、広く知識を授けるとともに、その能力を展開し、深奥を究めて、文化の進展に寄与する。

文系理系がバランス良く配置された3学部を擁し、個性ある教育・研究を推進することを目指しています。学生個々の適性・能力を最大限に引き出し、深い学識を備え、情緒豊かで品位ある人材を育成します。また、さまざまな事象を総合的に理解・判断した上で、目的意識を持って主体的[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。