プロボクサーの脳内の運動回路が試合前、構造的に増強することを、群馬大学、帝京大学、自然科学研究開発機構生理学研究所、東京大学が発見した。試合前の減量で体のキレが良くなるといわれてきたことの証明と考えられる。

 研究チームは現役のプロボクサー21人に対し、試合の1カ月前、試合直前、試合の1カ月後に脳のMRI(核磁気共鳴画像法)で画像撮影を行い、その変化を観察した。

 それによると、脳内で運動の学習と習熟を担う運動回路のうち、線条体被殻から第一運動野にかけての構造的なつながりが、試合の1カ月前から直前にかけて優位に強化されていることが分かった。試合後は構造的なつながりが縮小していた。

 アスリートの間では、試合前に減量トレーニングをすると、余分な体の脂肪が落ちるだけでなく、体のキレが良くなると経験的に語られてきたが、研究チームはそれを科学的に証明する結果が出たとみている。

 人間の脳は学習や環境によってその機能と構造を変化させることが知られている。近年はその変化をMRIで撮影することにより、捉えることが可能になっており、今回の研究成果は試合前の減量トレーニングが脳に与える影響を画像で明らかにした。

論文情報:【Scientific Reports】Enhanced structural connectivity within the motor loop in professional boxers prior to a match

東京大学

明治10年設立。日本で最も長い歴史を持ち、日本の知の最先端を担う大学

東京大学は東京開成学校と東京医学校が1877(明治10)年に統合されて設立されました。設立以来、日本を代表する大学、東西文化融合の学術の拠点として、世界の中で独自の形で教育、研究を発展させてきました。その結果、多岐にわたる分野で多くの人材を輩出し、多くの研究成[…]

群馬大学

自ら決めた道で目指す学問を追求し、どこまでも「群を抜け 駆けろ 世界を」

群馬大学は、昭和24年に新制の国立大学として誕生した、北関東を代表する4学部(共同教育学部13専攻、社会情報学部社会情報学科、医学部医学科・医学部保健学科4専攻、理工学部5学科)の総合大学です。新しい困難な諸課題に意欲的、創造的に取り組むことができ、幅広い国際[…]

帝京大学

一人ひとりの才能を開花させ、「自分流」の未来を切り拓く

5つのキャンパス(板橋、八王子、宇都宮、福岡、霞ヶ関)に文系・理工系・医療系の10学部32学科、幅広いフィールドを擁する総合大学。帝京大学には、学生一人ひとりの才能を開花させ、「自分流」の未来を見つける環境があります。実践を通して論理的な思考を身につける「実学[…]

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。