2021年度入試結果を学部系統別に見ると国公立大学は、薬学系など前年よりも志願者数が増えた学部系統も見られますが、私立大学は全ての学部系統で前年よりも志願者数が減少しました。ただ、志願者数の減少率が平均値並みの学部系統と大幅に減少している学部系統に分かれていますので、相対的に人気のある学部系統と不人気の学部系統に分かれているとも言えます。国公私立大学を通してその傾向は「ほぼ理高文低」ですが、理系分野の中でも人気に差が見られます。

 

 

外国語系、国際系学部は不人気だが、むしろチャンスの可能性も

 志願者数の減少による倍率の低下などから、入試は徐々に競争緩和に向かっているように見えます。ただ、全体集計と個別の学部系統では傾向が異なります。河合塾の大学入試情報サイトKei-Netや駿台予備学校のホームページでは詳しく説明がされており、系統別動向などを見ることができます。特に河合塾サイトでは、国公立大学は細かな学部系統の内訳まで入試結果集計が公開されていますので、学部系統の人気あるいは不人気がよく分かります。2021年度入試結果を一言で言うと「ほぼ理高文低」です。理系分野の人気は高いのですが、全ての分野が人気とは言えないため、“ほぼ”としています。これについては後半で説明します。

 文系ことに文・人文系はかなり厳しい結果となっています。中でも外国語系、国際系のいわゆるグローバル系の学部系統の志願者数減少が目立ちます。国公立大学の国際経済系だけが大幅に増えていますが、下関市立大学の一部の方式が昨年低倍率の反動で増えていることによるものです。こうしたケースを除くとグローバル系の不人気は明らかです。この傾向は来年度入試でも続くと見られています。コロナ禍で留学ができなくなったことなどが主な理由と思われますが、考え方を変えれば不人気の今が倍率などの面から見て、受験生にとってチャンスと見ることができるのではないでしょうか。これから入学する生徒が実際に留学するのは多くの場合2~3年後です。その時には留学のための環境は改善されていると思われます。また、グローバル化はこれからもますます進展すると考えられますので、グローバル系の学部の必要性が無くなることはありません。むしろオンラインとリアルを組み合わせた留学によって、教育効果に加えて費用の面でも従来の留学よりも充実するケースも出てくるでしょう。
現在、すでにユニークな取り組みを行っている大学も見られます。昭和女子大学(東京都・世田谷区)はキャンパス内にアメリカの州立大学日本校(テンプル大学ジャパン)があり、独自の取り組みが進んでいます。神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部(千葉県・千葉市)は、リトアニア、インド、マレーシア・ボルネオ、エルサレムへの海外スタディ・ツアー(現在はオンラインとリアルの組み合わせで実施)など独自の教育プログラムを実施しています。また、近畿大学国際学部(大阪府・東大阪市)は、予定より1年遅れですが米国派遣を再開するなど大学によっては新しい試みが動き始めています。近畿大学は今年の9月中旬にも出発する予定と発表しています。ここ数年でグローバル系学部は、国公私立大学を通じて設置する大学数が増え、選択の幅も広がっていますが、それぞれの大学で教育内容に個性があります。受験生にとってはかなり選べる環境にあると言えるでしょう。

 

 

参考サイト:
河合塾の大学入試情報サイトKei-Net 一般入試 入試結果
https://www.keinet.ne.jp/exam/past/
駿台予備学校 大学入試情報
https://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/news/index.html
昭和女子大学 国際交流・留学
https://univ.swu.ac.jp/international
神田外語大学 グローバル・リベラルアーツ学部
https://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/main/faculties/gla/
近畿大学 国際学部
https://www.kindai.ac.jp/international-studies/

 

次ページ薬学系、看護系、情報系は引き続き人気が高い

  1. 1
  2. 2
  3. 3
青山学院大学

すべての人と社会のために未来を拓くサーバント・リーダーを育成

青山学院は、キリスト教信仰に基づく教育と、リベラルアーツ教育を柱に、すべての人と社会に貢献する人材、「サーバント・リーダー」の育成をめざしています。教養と技能を身につける、独自の全学共通教育システム「青山スタンダード教育」を展開。主体的に学び、自己を確立し、社[…]

昭和女子大学

多様性に満ちたスーパーグローバルキャンパスで、人生を切り拓く力を養成

学びを深め、視野を広げる6学部14学科を擁し、高度な専門知識に加えて、社会で活躍するための幅広い力を身につけるためのキャリア教育とグローバル人材育成教育に力を注いでいます。キャリア関連科目は1年次から始まり、インターンシップや就職支援講座も多数開設。ボストン分[…]

近畿大学

日本最大規模の総合大学で真の「実学」を極める。多彩な才能を開花

近畿大学は、医学部から文芸学部、さらには通信教育部などを開設し、すべての学部で「実学教育」を実践。多くの産学連携プロジェクトを推進し、分野を超えた専門知識や技能を組み合わせて、教員と学生が一体となり、現代の様々な課題を解決へ導く知識や技術を身につけています。2[…]

神田外語大学

専門的かつ、実践的な授業を展開。真の国際人を育成

神田外語大学は、とにかく英語にふれ、伝える力を鍛える英語づけの毎日が待っています。授業はほとんどが英語オンリーで、少人数の参加型。異文化を理解し受け入れる力を「教養」の基礎と捉え、授業からイベントまで多角的に探究し、これらを身につけるための教育に力をいれていま[…]

神戸 悟(教育ジャーナリスト)

教育ジャーナリスト/株式会社KEIアドバンス コンサルティング部 部員
/大学入試ライター・リサーチャー
1985年、河合塾入職後、20年以上にわたり、大学入試情報の収集・発信業務に従事、月刊誌「Guideline」の編集も担当。
2007年に河合塾を退職後、都内大学で合否判定や入試制度設計などの入試業務に従事し、学生募集広報業務も担当。
2015年に大学を退職後、朝日新聞出版「大学ランキング」、河合塾「Guideline」などでライター、エディターを務め、日本経済新聞、毎日新聞系の媒体などにも寄稿。その後、国立研究開発法人を経て、2016年より大学の様々な課題を支援するコンサルティングを行っている。KEIアドバンスは河合塾グループのため、膨大な入試データを活用したシミュレーションや市場動向調査が可能なこともあり、将来構想・中期計画策定、新学部設置、入試制度設計の支援など設置者を問わず多様な依頼が日々多く寄せられる。
詳細プロフィールはこちら