中央教育審議会の記事一覧

日本社会の将来にこの10年の大学改革が大きな影響

 中央教育審議会の大学分科会、将来構想部会の合同会議が東京都港区のTKP赤坂駅カンファレンスセンター […]

法科大学院の学生募集、2019年度は全国36校に

 中央教育審議会大学分科会の法科大学院等特別委員会が文部科学省で開かれ、2019年度に学生募集する法 […]

全国知事会、大学改革で中教審部会へ3項目の要望

 中央教育審議会大学分科会の将来構想部会が東京都内の文部科学省で開かれ、先にまとめた2040年に向け […]

郡健二郎公大協会長、中教審で高等教育の将来に意見発表

 郡健二郎公立大学協会会長(名古屋市立大学学長)は、文部科学省で開かれた中央教育審議会大学分科会、将 […]

中教審部会が2040年に向けた高等教育のグランドデザイン答申案を公表

 中央教育審議会の大学分科会、将来構想部会は合同会議を開き、2040年に向けた高等教育のグランドデザ […]

人口減少控え大学の再配置必要、中教審部会が将来像

 18歳人口の減少を踏まえ、大学の規模適正化や再配置を必要とする提言を中央教育審議会大学分科会の将来 […]

公立中高校生と教員の英語力、目標に届かず 英語教育実施状況調査

 文部科学省が全国公立中学、高校生と教員の英語力を調べた2017年度英語教育実施状況調査で、政府が2 […]

中教審が教育基本計画に向け、5つの基本方針答申へ

 中央教育審議会は第3期教育振興基本計画の答申について最終調整を終え、内容を公表した。2018年度か […]

高等教育無償化、有識者会議で詳細検討がスタート

 政府が2017年末に閣議決定した「新しい経済政策パッケージ」で打ち出した大学など高等教育の無償化に […]

法曹養成、文部科学省が5年コース案 飛び級で4年目から大学院へ

 法科大学院の志願者が減少している問題で、文部科学省は大学入学から法科大学院修了まで6年かかる学修機 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3