創薬の記事一覧

患者由来の物質利用し、がん転移先に効率よく届く核酸医薬 福岡大学が発表

 福岡大学薬学部薬物送達学の櫨川舞准教授らの研究グループは、「転移がんへの特異的集積性」、「細胞膜透過性の向上」、「安全 […]

城西国際大学、創立30周年記念として連続講座を開講  初回は4/28「医療とAI」

 城西国際大学は創立30周年記念事業の一環として、さまざまな研究テーマを分かりやすく解説し、ともに考える連続講座「Lec […]

動かないと筋肉が減少するメカニズム、神戸大学が解明

 神戸大学大学院の小川渉教授らの研究グループは、動かないと筋肉の量が減少するメカニズムを世界で初めて明らかにした。筋肉減 […]

がんの薬剤耐性、未知のメカニズム発見へ新技術開発 東京医科歯科大学

 富士通と東京医科歯科大学は、富士通が開発した現場のデータから新たな発見を提示する技術をスーパーコンピューターの「富岳」 […]

ジンチョウゲ科アオガンピ属植物から抗HIV活性物質、東邦大学などが発見

 東邦大学の李巍教授らの研究グループは、中国の瀋陽薬科大学、米国のデューク大学、ノースカロライナ大学との国際共同研究によ […]

敗血症死を劇的に防ぐ次世代新薬、モデル動物で実証 久留米大学と昭和大学

 久留米大学医学部の古賀義法助教と松井孝憲准教授らは、昭和大学医学部の山岸昌一教授との共同研究により、モデル動物の敗血症 […]

AIで疾病に有効な化合物を短時間で発見、九州大学など

 九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授、米ハーバードメディカルスクール・システム生物学部門の清水秀幸リサーチフェ […]

人工赤血球を応用した新しいシアン中毒解毒剤、強力かつ迅速な効果を確認

 慶應義塾大学、奈良県立医科大学、崇城大学のグループが、既存薬よりも優れた解毒効果を持ち、かつ即効性と汎用性を有する新規 […]

フキノトウの成分ががん細胞の増殖と転移を極めて強く抑制 岐阜大学発見

 フキノトウに含まれる「ペタシン」ががんの増殖と転移を強く抑制することを、岐阜大学のグループがシーシーアイなどとの共同研 […]

慶應義塾大学と国立がん研究センター、全ゲノム解析によってスキルス胃がんの治療標的を同定

 国立がん研究センターと慶應義塾大学は、難治性であり、かつ病態解明が困難であるスキルス胃がんについて、腹膜播種による腹水 […]
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 12