数理モデルの記事一覧

3つの異なる顔を持つアシュラ粒子の作製に、東北大学などが成功

 東北大学の藪浩准教授らの研究グループは旭川医科大学と共同で、ナノサイズの粒径を持ち、3つの異なる「 […]

筋肉の収縮を説明する数理モデル、中部大学などが開発

 中部大学の新谷正嶺助教らの共同研究グループ(他に東京大学、UT-Heart研究所)は、人や動物の骨 […]

長崎大学と静岡大学、性感染症の拡散を再現する数理モデルの構築に成功

 長崎大学熱帯医学研究所国際保健学分野の伊東啓助教と山本太郎教授は、静岡大学工学部の守田智教授と共に […]

細胞たちを協調させる体内時計のしくみ 京都大学らが体節形成メカニズムを解明

 恐竜の標本骨格を観察すると、背骨が整然と並んだ美しい繰り返し構造に見惚れることがあるだろう。 この […]

人間の歩行と走行 制御様式の違いを数理モデルで解明 京都大学

 京都大学大学院工学研究科の青井伸也講師をはじめとする共同研究グループは、人が歩き、走るための脳神経 […]

数理モデリングでヒト皮膚並みの厚みとバリア機能を持つ表皮培養に成功

 北海道大学と株式会社資生堂グローバルイノベーションセンターの研究グループは、数理モデルによる予言で […]

2050年に最大930万人の人手不足、北海道大学が需給予測

 北海道大学大学院医学研究院の西浦博教授らの研究グループが産業別の人口データを数理モデルで分析したと […]

生態系のバランスを保つ「一人勝ち」させない仕組み 東北大学

 東北大学生命科学研究科の川津一隆助教、近藤倫生教授の研究グループは、自然のバランスが保たれる仕組み […]

樹木の枝分かれ構造から末端の枝サイズが対数正規分布になることを発見 帯広畜産大学ほか

帯広畜産大学環境農学研究部門の小山耕平助教は、中央大学や京都大学との共同研究により、樹木の枝分かれ構 […]

大阪大学と滋賀大学、抗がん剤の効きやすさを左右する遺伝子を数理解析で同定

 大阪大学大学院医学系研究科と滋賀大学データサイエンス学部の共同研究グループは、遺伝子の発現量やDN […]
  1. 1
  2. 2