実践女子大学(東京都日野市)は2018年6月22日、同大学渋谷キャンパスにおいて「高齢者・障がい者も楽しめる渋谷観光を作る!」をテーマに、株式会社近畿日本ツーリスト首都圏(東京都新宿区)にプレゼンテーションを行う。

今回のプレゼンテーションに参加する学生たちは、2018年5月から「オープン講座a」として、近畿日本ツーリスト首都圏との連携講座「ユニバーサルツーリズムを学ぶ」を6回受講。その集大成として、高齢者で車いすや杖を使用している人・視覚障がい者ら10~15名を対象に、時期は秋~冬、場所は渋谷で日帰り10時~16時までという設定で「高齢者・障がい者も楽しめる渋谷観光」を企画し、発表する。

 全3学部の1~4年次が選択できるこの「ユニバーサルツーリズムを学ぶ」は、40名の募集に対し126名もの履修希望者があった人気科目。担当の文学部国文学科(キャリア教育)深澤晶久教授は2014年5月より、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の「文化・教育委員」に就任し、この講座は2018年度前期のオリンピック・パラリンピック連携講座に位置づけられている。

 深澤教授は「近畿日本ツーリストは就職人気企業(※1)であり、本学からも就職を希望している学生が多い。ダイバーシティを意識し、高齢者や障がい者など、あらゆる人々のためのツアーとしてユニバーサルツーリズムを考える今回のテーマはオリンピック・パラリンピックを目前にして、学生たちに意義深い学びとなる」とコメント。

 最終プレゼンテーションには、25チームの予選を通過した8チームが参加する。発表後は、近畿日本ツーリスト首都圏千葉支店の橘清志副支店長およびKNT-CTホールディングス株式会社(※1)地域交流部の渕山知弘課長がフィードバックを行う。

 実践女子大学は2014年6月、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と大学連携協定を締結。2018年1月に、オリンピック・パラリンピック連携事業推進室を立ち上げるなど、全学的な取り組みを推進している。

※1 近畿日本ツーリストは、マイナビ2018就職人気企業ランキングのホテル・旅行部門において、第3位。
※2 近畿日本ツーリスト首都圏は、KNT-CTホールディングス株式会社のグループ企業。

参考:【実践女子大学】実践女子大学/近畿日本ツーリスト首都圏 企業連携授業「ユニバーサルツーリズムを学ぶ」

この記事が気に入ったらおねがいします。

大学ジャーナルオンライン編集部

大学ジャーナルオンライン編集部です。
大学や教育に対する知見・関心の高い編集スタッフにより記事執筆しています。